顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > エクスマ > <産創館エクスマSNS活用塾 エクスマフラッシュ 時代の変化を認知しよう>
2016年01月27日

<産創館エクスマSNS活用塾 エクスマフラッシュ 時代の変化を認知しよう>

<産創館エクスマSNS活用塾 エクスマフラッシュ 時代の変化を認知しよう>

2016年1月18日(月)~19日(火)
産創館エクスマSNS活用塾がスタートしました!

全4回で開催されるのですが、
その記念すべき第一回目は合宿形式で、なんと雄琴温泉で開催されたんですよね!
素晴らしいっ!

メイン講師はエクスマ(エクスペリエンス・マーケティング)創始者
藤村正宏氏
(ブログ http://www.ex-ma.com/blog/ )

IMG_1388

最初に度肝を抜かれたのは、
「時代の変化」の話。
今までの価値観とか指導法はなりたたないってこと。

例えば、体育会系では
1 真面目
2 食事は黙って
3 ハイ

これが鉄則だったと思います。
昭和の教え!
間違いない教えです!

IMG_1403

ところが、青学の駅伝。
二年連続で圧倒的に勝ちましたね。

この青学の勝利が、世の中の常識が変わったことを証明しています。
原監督の指導方針がこうだったそうです。

1 チャラくあれ
2 食事中に会話をしよう
3 なんでも「ハイ」って答えない

うわー!
全く違いますね!

12548921_934128680011557_2299912471580972048_n

1 チャラくあれ
もちろん、チャラくなんてはいっても、青学の選手は圧倒的な練習量を誇っています。
でも、そこに上下関係がない。
なんなら、4年生が掃除したりする。

考え方が
「今は苦しいだろうけど、戦え!練習しろっ!そのうち、嬉しいことが待っている」
ではないんです。

「走っているのって、楽しいだろう?だったら、練習だって楽しい。掃除だって楽しいだろう」
これが根幹になってしまう!
だから、楽しい。
チャラくみえてしまうくらいに。

でも、だからこそ、練習はものすごい、
厳しい、けど厳しいと思っていないのです。
楽しいと思っているのですね。

2 食事中に会話をしよう
会話=コミュニケーションです。
なんとなく、同じチーム内でやっぱり選手になる人とそうでない人がいます。

ギスギスしてたら、
「あいつに勝った」とか
「あいつは敵だ」なんて考えちゃいます。

でも、違いますね。
ライバルなんかいない、仲間なんだから。
共に駅伝を走る同士なんだから!
だったら、徹底的にコミュニケーションをとって、仲良くなろうとのことです。

3 なんでも「ハイ」って答えない

よくある質問
「よう、元気か?」
これに
(元気じゃないのに)「ハイッ!」って答えるのが昭和の指導。
これは、おかしい。

元気がないのに、調子が悪いのに、
「ハイ」はありえない。
無理をする必要はないんです。

これは「安易に、考えもなく、Yesというな」という示唆です。
自分で判断することの大切さを伝えてますね!
「アドバイスありがとうございます。
でも私の場合は持久力が弱みなので、
みんなと一緒のトレーニングではなく、
持久力を鍛えるトレーニングがやりたいのですが、いかがですか?」
こんな感じでしょうか。

11181875_934128400011585_3325236529930224347_n
この常識を逸脱した指導!
1 チャラくあれ
2 食事中に会話をしよう
3 なんでも「ハイ」って答えない

圧倒的二連覇を果たしたのが青学です。

企業もこのスタンスを見習わないといけないのかも知れません!
仕事は楽しいって、社風を作る。
周りは全員見方!どんどんコミュニケーションをとる!
考えて、行動する。

パッケージ松浦もこんな社風にしていきます!
藤村正宏先生、ありがとうございます。

IMG_1400
その事を書いた、藤村正宏先生のブログはこちら!
私とはまた違う角度で、よりクオリティ高く書いてくれています。
ぜひ、ご覧ください。

「人々が考えている以上に世の中は激変している|チャラくて何が悪い?」
http://www.ex-ma.com/blog/archives/4465

カテゴリー | エクスマ

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

eleven + 16 =

ページの上部へ