顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ
  • チェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【大企業とパッケージで対抗するためにはどうするのか?】~橿原商工会議所さんセミナーでの質問~
2018年08月5日

【大企業とパッケージで対抗するためにはどうするのか?】~橿原商工会議所さんセミナーでの質問~

「大企業とパッケージで対抗するためには?」
うーん、なかなかに難しい質問ですね。
でも、やりようはありますよ。

おはようございます。
パッケージマーケッターの松浦陽司です。


さて、2018年8月3日(金)
奈良県の橿原神宮前すぐ近く!
橿原商工会議所さんで講演させていただきました!


「価格競争からの脱却!」
パッケージを変え、商品価値を上げる 売れる商品づくりセミナー

会場はほぼ満席の40名もの参加者がご参加くださいました!
ありがとうございます。


その中で質問を受けたのは
「大企業とパッケージで対抗するためには?」

うーん、難しい質問ですけど、ボクが答えたのはこんなこと。
「パッケージに一手間かける」

そう、大企業になればなるほど「作業効率重視」になる。
パッケージ梱包も機械化して、まあ、できあがるのは四角いパッケージ、梱包しやすいパッケージになります。

中小企業は逆の方向。
「効率の悪いパッケージ」だってできるんです。

たとえばこんな感じ。


八百秀「里むすめバームクーヘン」です。
画像ではわかりにくいかも知れませんが、
実は二重に紙帯を巻いてます。

お芋のイラストを印刷した白い紙帯。
そして、その上に半透けの曇りガラスに見えるような、トレーシングペーパーを巻いているんです。
もっと言うと、さらにペーパーラフィアという紙紐を巻いてます。

ここまで手間暇かけたパッケージ梱包できるのって、
大企業では難しいですよね!

橿原商工会議所のみなさま、
ご参加くださったみなさま、ありがとうございました!!


同じパッケージ業の杉本さんも応援に来てくれたよ!嬉しいなっ!
「パッケージを変え、世界を変える」同士が奈良にもいるって心強い!
ありがとうございました。

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

20 + 3 =

ページの上部へ