顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > セミナー予定・報告 > <宮崎県初上陸!「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」セミナーを開催させていただきました!>
2014年03月29日

<宮崎県初上陸!「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」セミナーを開催させていただきました!>

<宮崎県初上陸!「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」セミナーを開催させていただきました!>
 
 
2014年3月25日(火)
宮崎県初上陸!
「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」セミナー開催させていただきました!
 
 

このセミナーには、なんと!
みやざき中央新聞 http://miya-chu.jp/
水谷もりひと編集長が参加してくれました!
そして、こんな嬉しいFB投稿を頂きました!
 
 

☆☆☆
 
パッケージに命を掛けている男・松浦陽司さんの講演会はめちゃくちゃ面白かったです。
パッケージを変えただけで売り上げが100倍になった話や
パッケージを工夫しただけで大ブームが起きた話など、たくさんあります。

たとえば、バレンタインデーに、男性にもチョコを買ってもらいたいとメーカーが考えたのが、「逆チョコ」です。

パッケージの印刷をひっくり返したんです。
それで男性が2月14日に女性にチョコを送ることもできます。

  逆チョコの詳しい解説
http://ameblo.jp/p-matsuura/entry-11165338512.html
    

それから、「甘いものが嫌いな彼氏にはぜひお米を」ということで

バレンタインデーにお米を買ってもらおうと考えた米穀店があります。
売りたいお米は「ヒトメボレ」です。
そこでパッケージには「ワタシハ アナタニ ヒトメボレ」と書きました。
 

ワタシハアナタニヒトメボレの詳しい解説

  


そんな話がたくさんありました。もっと知りたい人は最近彼が出した本で読めます。

amazon
     
http://p.tl/8NCy
「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」  


(※ちょっとだけURL追加など文章追加させていただいてます)
 

☆☆☆  

水谷もりひと編集長!
ありがとうございました。
今回はゆっくりとはお話できませんでしたが、またいつかゆっくりと、徳島か、宮崎で。  

ちなみに、水谷もりひと編集長の著書
 「この本読んで元気にならん人はおらんやろう」
監修・文 みやざき中央新聞 水谷もりひと編集長

私もお奨めです!
ぜひぜひ、お買い求めくださいね!

  

カテゴリー | セミナー予定・報告

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

thirteen + one =

ページの上部へ