顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > セミナー予定・報告 > <宇治・倫理法人会モーニングセミナー「誇りの持てない仕事に、誇りが持てるようになった」講話>
2014年11月15日

<宇治・倫理法人会モーニングセミナー「誇りの持てない仕事に、誇りが持てるようになった」講話>

<宇治・倫理法人会モーニングセミナー「誇りの持てない仕事に、誇りが持てるようになった」講話させて頂きました>

2014年11月15日(土)AM6:30スタート!
宇治・倫理法人会モーニングセミナー
「誇りの持てない仕事に、誇りが持てるようになった」

場所は「萬願寺」!
観光地であり、
そしていろいろなドラマ撮影に使われる、
由緒正しき神社で講話させて頂きました!

タイトルの
「誇りの持てなかった仕事に、誇りが持てるようになった」
実は私は、パッケージの仕事が大っ嫌いでした。

ある時、心無い方から言われたことがあります。
「お前の会社はゴミ製造業だな」と。

本当にその通りだと思い、
仕事を嫌々やっていました。

でも、とにかく仕事は一生懸命にしないと。
そう思って、お客さんの言われたことをきっちりします。

ある時、お客さんから袋の納期短縮を頼まれました。
「頼む、2日縮めてくれ!お菓子が出荷できない!」

なんとか頑張って、2日納期を短縮。
結果、お客さんにものすごく喜ばれました。

「松浦くん、ありがとう。
お陰で無事にお菓子を出荷できたよ」

その時に、私は嬉しくなりました。
そして思ったんです。
「あぁ、私は袋を売っているんじゃない。
無事にお菓子が出荷できるように、安心安全を売っているんだ」
・・・と。

ある時、お客さんから商品開発の依頼を受けます。
「シールを変えてで売上を伸ばしたいんだけど」

知恵を振り絞って、ネーミングの変更を提案。
結果、商品が前より売れるようになりました。

「松浦さん、ありがとうございます。
お陰で販売店も増えて、前より売れているんです」

その時に私は嬉しくなりました。
そして思ったんです。
「ああ、私が売っているのはシールじゃないんだ。
商品の売り上げが上がるようにと、販売促進を売っているんだ」
・・・と。

パッケージ松浦は、
「パッケージを売らないパッケージ屋」です。
売っているのは「安全安心」と「販売促進」です。
そんな風に思い始めると、誇りを持つことができた。

そんな風なことを話しました。

講話の後に朝食があり、その後に感想発表などもありました。
みなさんが「よかった」と言ってくださり、ほっとしました。

一日前のビジネスナイトセミナーに続き、
このモーニングセミナーも講話させて頂き、
宇治・伏見倫理法人会の皆様、本当にありがとうございました。

<追記>
講話後、萬福寺の散策に、
長嶋会長、安倍さん、吉田さんが付き合ってくださいました!
歩くだけで、心が休まるような散策でした。
ありがとうございました。

カテゴリー | セミナー予定・報告

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

sixteen − five =

ページの上部へ