顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【パッケージに遊びを!そして商品を覚えてもらう! ~牧商店さんの「ちっかーず」の場合~】
2015年09月29日

【パッケージに遊びを!そして商品を覚えてもらう! ~牧商店さんの「ちっかーず」の場合~】

【パッケージに遊びを!そして商品を覚えてもらう! ~牧商店さんの「ちっかーず」の場合~】

おはようございます。
世界初、徳島発、パッケージマーケッターの松浦陽司です。

本日の質問はペンネーム「一見さん」から!
「うちの商品、買ってはくれるんだけど、なんだか認知度が上がらないんです」

なるほど。それは悲しいですね。
お客さんに一度は購入してもらおうと、パッケージやPOPを一生懸命に凝ったものにする!
そして、やっと商品が完成!
でも、一回買っただけで、忘れ去られてしまうわけです

これはいけない!
店頭で「見てもらう」、
買ってもらって「選んでもらう」というステップの次に、
お客さんに「覚えてもらう」ということをしてもらわなくては!

そんなアナタにとっておきの方法があります。
それはパッケージに「遊び」を加えること。

chickerz_01-590x590

例えば、牧商店の「ちっかーず」という竹輪!
http://www.03kamaboko.com/
中身は竹輪で、徳島を代表するキャラクターである「ちっかーず」が中央にどーんとおります。

「なんだ、キャラクターを使うのか?」
いえいえ、そんなことじゃありません。
もうちょっとお付き合いくださいね!

chickerz_02-590x590

パッケージを空けて、竹輪を取り出すと、
あらあら、不思議、ちっかーずが透明に変わっていきます!
お気づきの通り、ちっかーずの本体のところを透明にして、中身の竹輪の色を見せていたのでした。

このパッケージ、実はおじいちゃん、おばあちゃんに売れております。
「買って帰ると、孫が喜ぶんよ」
そうなんです!
孫と遊ぶためにも、買ってもらっているんです。

完全に商品を、パッケージを覚えてもらって、リピートされているわけですね!

chickerz_04-590x590

パッケージに遊びを!
そして商品を覚えてもらう!
そんなパッケージマーケティングでした!

パッケージ松浦で企画させていただきました!
牧商店さん、ありがとうございました。
http://www.03kamaboko.com/

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

7 + five =

ページの上部へ