顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【思い出に残るパッケージ、捨てられないパッケージには仕掛けがある】 ~濱喜久さんのギフトパッケージの場合~
2015年09月30日

【思い出に残るパッケージ、捨てられないパッケージには仕掛けがある】 ~濱喜久さんのギフトパッケージの場合~

【思い出に残るパッケージ、捨てられないパッケージには仕掛けがある】
~濱喜久さんのギフトパッケージの場合~

おはようございます。
世界初、徳島発、パッケージマーケッターの松浦陽司です。

昨日は覚えてもらうパッケージの話でした。
http://www.p-matsuura.co.jp/?p=10071

このようなパッケージの仕掛けは他にもあります。
例えば濱喜久さんのギフトパッケージの場合。

濱喜久さんから依頼を受けて、いろいろとお話を聞いておりました。
すると、濱喜久さんには伝統的な「龍虎」のロゴがありました。

それはなぜかと言うと、
大将の濱田利宏さんが虎年で
女将の濱田加代さんが龍年だったからです。

そこに最近は
看板娘の濱田つばささん未(ひつじ)年も入ってきて、
親子ともども頑張っているんだとか。

IMG_0291

そういうストーリーを表現するために、
虎、龍、羊のアイコンが散りばめられているようなギフトボックスにしました。

でも、これだけで終わりません。

IMG_0290

外側にスリーブ(筒)をつけたのですが、
それには3箇所、穴があいてます。

IMG_0289

そうすることによって、虎、龍、羊を見せて、
しかもスライドさせると、アイコンが次々現れるようにしたのです。

お子さんがいたら、思わず遊んでしまうパッケージになりました。
捨てずにとっておきたいパッケージですね!

hamagiku

hamagiku01

濱喜久さん、ありがとうございました。
http://hamagiku.com/

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

10 + 5 =

ページの上部へ