顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【場所が違えば、お客さんが変わる、値段が変わる、パッケージが変わる】
2016年01月3日

【場所が違えば、お客さんが変わる、値段が変わる、パッケージが変わる】

【場所が違えば、お客さんが変わる、値段が変わる、パッケージが変わる】

おはようございます。
世界初、徳島発、パッケージマーケッターの松浦陽司です。

昨日、商品の価格の決め方の話をしたもので、続きを話させていただきますね。
例えば、アナタは弁当をどんな時に買いますか?

「なんとか安く済ませたいので、スーパーで」という方もいらっしゃいます。
「なんか忙しい時、パパッとランチを済ませたいので、コンビニで」とう方もいらっしゃいます。
「旅行の時に、土地土地の駅弁を食べるのが趣味なんですよね」という方もいらっしゃいますね。
「ちょっと大事なお客さんが来るので、接待用のお弁当を百貨店で」という方もいらっしゃるでしょうね。

img_3

さてさて、それぞれ、値段もパッケージもシーンも変わりますね。

スーパー弁当なら簡単パッケージで300~400円くらい。
コンビニ弁当も簡単パッケージですが、値段は400~500円くらいですね。
旅行の駅弁って、土地を感じさせるちょっといいパッケージで1000~1500円します。
百貨店の接待用弁当なら豪華絢爛パッケージで1500~2000円ですね。

001

ね!
同じ「弁当」を買っているのですが、値段もパッケージもシーンもまったく変わります。

誰に?
どこで?
どんな体験を得たいのか?
適正な価格は?

201003-2

「弁当なら500円」と固定観念で考えるのではなく、
「1500円で売れる方法は?」
などを考えると面白いですよ!

ターゲットも、
販売場所も、
お客さんが求める体験もまるで変わりますね!

[caption id="attachment_11287" align="alignnone" width="640"]OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA[/caption]

★★★★イベントのお知らせ★★★★

<2016年1月14日(木)>
「まっすー&まっつー」の「POP&パッケージセミナー」
詳しくはこちら!
http://ur0.xyz/q9Fo
massu-tirashi

2016年2月26日(金)
「モノ」を売るな!「体験」を売れ!
~徳島上陸!エクスペリエンス・マーケティングセミナー!~
詳しくはこちら!
http://ur0.xyz/q9Fr
エクスマチラシ

ぜひ、聞きに来てくれると嬉しいです。

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

5 × 2 =

ページの上部へ