顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【もしも業界の常識を覆すようなパッケージができたなら?おぶつだんの悟空さんの線香パッケージは楽しいパッケージ!】
2016年01月21日

【もしも業界の常識を覆すようなパッケージができたなら?おぶつだんの悟空さんの線香パッケージは楽しいパッケージ!】

【もしも業界の常識を覆すようなパッケージができたなら?おぶつだんの悟空さんの線香パッケージは楽しいパッケージ!】

おはようございます。
世界初、徳島発、パッケージマーケッターの松浦陽司です。
昨日まで二日間、おごと温泉の旅館「木もれび」でエクスマ合宿でした!
今日からまた学びを活かして楽しみます!

12540585_934128683344890_1792328850375434207_n

さて、今日のお話なんですが、仏壇仏具業界のパッケージ話です。

私は思うんですよね。
仏壇仏具の営業マンって、大変だなぁ~って。

なぜなら、営業のタイミングが忌み嫌われる状況ですよね。
どうしても「死」をイメージしてしまう。

たとえば、
「あなたのお父様がもうすぐ亡くなりそうですよね!お仏壇はいかがでしょう?」
まあ、ここまで極端ではないにしても(笑)、
こんな風に商談しないといけないんですよ。
なんだか、後ろめたい気もしますね。

おぶつだんの悟空さんも、
ご来店時の手渡し用の線香パッケージを使っていたのですが、
「どうも使いにくい」ということで、
パッケージ松浦に相談を頂いたんです。

そこで、考えたのが
「もしも、営業マンが気軽に渡せて、お客さんも喜ぶパッケージがあったら?」です。

例えばこれです!

senkou
おぶつだんの悟空 線香パッケージ

思い切ってリニューアルしました!

パッケージの表紙に「ご存知ですか?お線香のマナー!」と書いてあります。
そう、これは「営業ツール」ではなく「ご挨拶ツール」に変わっているんです。
お客さんがあまり知らないお線香のマナーを伝えてあげるツールになっているんです。

IMG_3666

実はこのパッケージ、パラパラと展開していきます。
ひとつ開くと、線香のことが書いてあったり。
また開くと、今さら聞けないお線香のマナーのことが書いてあったり。

Print

仏事コーディネーターの細川美智子さんの挨拶があったり。
ゴクゥペディアなる架空サイトがあったり(笑)

Print

お線香のことを明るく楽しく紹介しているのです。
(もちろん、パッケージ中身に線香が入ってます)

だから、営業マンも
「ご来店、ありがとうございます。よかったらこれ、読んでみてくださ」と、
後ろめたくなく、明るく楽しく、手渡すことができますね!

こちらの商品は、おつぶだんの悟空さんに行ってみてくださいね!

おぶつだんの悟空
http://butsudan59.jp/

徳島県板野郡北島町北村字鍋井2-15
TEL・フリーダイヤル 0120-147590 (イイシナゴクウ)
営業時間 AM9:00~PM6:00

IMG_1384

実は本日のお話は、昨日までのエクスマ合宿で学んだ
「文章の組み立て方の基本」を元に書いてみました。

1 「私はこう思う」で意見を書く
2 「なぜなら」と理由を書く
3 「たとえば」で具体的に
4 「もしも」を使って話を膨らませる
5 「だから」でまとめる

教えていただいたエクスマ創始者の藤村正宏さん!
ありがとうございます。
http://www.ex-ma.com/blog/

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2 × 1 =

ページの上部へ