顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【時代の風を感じつつパッケージを小さくしたり、大きくしたりしよう】
2016年03月2日

【時代の風を感じつつパッケージを小さくしたり、大きくしたりしよう】

おはようございます。
世界初、徳島発、パッケージマーケッターの松浦陽司です。

パッケージは時代とともに小容量に変わってきております。

キユーピー2009.01.09
例えばキューピーさんのドレッシングも、どんどん容量が少なくなってきております。
2009年2月から主力「200ml」を「170ml」に変更!

キユーピー2014.02.14
さらに2014年には「170ml」を「150ml」に変更!
理由は世帯数が少なくなっている、核家族(2~3人暮らし)や一人暮らしが多くなっているからです。

「そうか、じゃあ、なんでもかんでも少なくすればいい」
そう思うのはちょっと短絡的です。

IMG_5800
例えばこちら!
ナチュラルローソンブランドのスムージーシリーズ!!
こちらの「お徳用パック」が大ヒット!
2015年5月発売から2016年2月までに2500万本を超えているヒット!

156-03
従来パックは200gで178円。
お徳用パックは400gで298円で、58円お得な計算。

IMG_5803
「えぇ~、時代は小容量じゃなかったの?」
それはそのとおりなのです!
風は小容量に動いているのですが、個別は違います。

156-03
こちらのスムージーに関しては
「1日に2回以上購入するお客さんが多い」
というデータが取れました。

guri
そこで、お徳用パックを作ったんですね!
もちろん、パッケージは開封後も保存しやすいキャップ付き。

こうやって時代の風を感じつつ、
個別対応でパッケージを変えることで、ヒット商品が生まれたりします!

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

two − one =

ページの上部へ