顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【「モノ」や「商品」だけでは他の商品と見分けが付かない!ライダーもなかに学ぼう!】
2016年03月3日

【「モノ」や「商品」だけでは他の商品と見分けが付かない!ライダーもなかに学ぼう!】

おはようございます。
世界初、徳島発、パッケージマーケッターの松浦陽司です。

私は商品開発やパッケージデザインについて
「味」や「こだわり」よりも、
「好き・楽しいを発信する」ことが大切だと思います。

なぜなら、「商品」や「モノ」だけでは、
お客さんは他の大半の商品と見分けがつかないんです。

たとえば、「もなか」という商品がありますね。
「おいしいもなか」
「こだわりのもなか」
「鈴鹿市の銘菓 もなか」
・・・どうですか?
この中で「欲しい」と思った商品はありますか?
ないですよね。

もしも、「この商品が好き!楽しくて堪らない」という気持ちを爆発させた商品があったらどうでしょうか?
三重県鈴鹿市にはこんな「もなか」がありますよ!

201110052054419ea
「ライダーもなか」
うわー!
楽しんでますね!

パッケージマはもちろん、
もなかもライダー!

鈴鹿市といえば、言わずと知れた「鈴鹿サーキット」があるところ。
そう、F1などのレースで大変盛り上がるところです!

このご当地で
「鈴鹿名物 もなか」では売れないですし、欲しくないですね。
「ライダー もなか」だからこそ、欲しくなります。

o0480063913246541966
だって、鈴鹿に行った人は、レースに興味があるかたばっかりすから!
「もなか」が欲しい人には一人もいません(笑)
レースに関係するものが欲しいのです。
お土産を渡して「うわー!なにこれ!?」と話題になる体験が欲しいのです。

201110052054419ea
地元に持って帰って、ブログやFacebookなどでアップする人も多いそうです。
SNS拡散する能力も搭載されていますね(笑)

だから、「味」や「こだわり」よりも、
「好き・楽しいを発信する」ことが大切だと思います。

・・・あ!
一言だけ付け加えると、
「味」や「こだわり」は最低標準装備であるということです。
まずかったら終わりですからね(笑)

本日のパッケージマーケティングネタは、
ウィリーキッズ(鈴鹿)の草野陽子さんから教えていただきました!
http://www.wheelie-kids.com/

先日のエクスマin徳島にご参加くださり、
お土産に持ってきてくれたんです。
ありがとうございます。
本日、ネタにさせて頂きました(笑)

本日の文章の組み立ては
エクスマで学んだ
「文章の組み立て方の基本」を元に書いてみました。

1 「私はこう思う」で意見を書く
2 「なぜなら」と理由を書く
3 「たとえば」で具体的に
4 「もしも」を使って話を膨らませる
5 「だから」でまとめる

教えていただいたエクスマ創始者の藤村正宏さん!
ありがとうございます。
http://www.ex-ma.com/blog/

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

20 − ten =

ページの上部へ