顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【私がなぜ1753日も連続でパッケージのブログを書き続けられるのか?!】
2016年03月27日

【私がなぜ1753日も連続でパッケージのブログを書き続けられるのか?!】

おめでとうございます!
世界初、徳島発、パッケージマーケッターの松浦陽司です。

よく時々、言われることがあります。
「松浦さんって、パッケージのことばっかりで毎日毎日、よくブログが書けますね」

うーん、私も我ながらよく書いているなと思います。
パッケージマーケティングブログは1753本、既に書いてますから。

一つ、お答えするとしたら
「日々、パッケージ情報収集のアンテナ」は貼りまくっています。

コンビニ、スーパー、道の駅、お土産物屋、百貨店、いろいろなところに行っては、
気になるパッケージをチェックしてます。

以前にスーパーで、あまりにも熱心に長時間、
パッケージを手に取り、棚に戻し、
パッケージを手に取り、棚に戻し、
繰り返していたら、
「ちょっとアナタ、何者ですか?!」と補導されそうになったこともありました(笑)

その他、テレビ、本、友人のSNS投稿など、全てが私のパッケージの情報源!
最近ではスマホアプリで情報も収集してます。
日々、勉強しているからということでしょうか?

さてさて、先日の静岡日帰りツアーの時に、
三重県のサービスエリアではこんなパッケージを見つけました。

20150702235815
「サメジャーキー」
いやー。
これはインパクトのあるパッケージ!
まあ、いわいる「面白系」「インパクト系」パッケージなんですが、
私もこんなのもチェックしているんです。

袋の大部分は印刷をして、中身を見せないようにしているのですが、
サメの口の中が、透明になっていて、
ジャーキーに喰らいつているサメの様子を表していますね。
サメの獰猛さを感じます(笑)

こんな風にパッケージの透明部分をうまく活かすと面白いパッケージが作れますね!

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

20 − eight =

ページの上部へ