顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【家に帰ってから遊べるパッケージ 生命大躍進のパズルクッキー】
2016年03月28日

【家に帰ってから遊べるパッケージ 生命大躍進のパズルクッキー】

おはようございます。
世界初、徳島発、パッケージマーケッターの松浦陽司です。

昨日は娘と一緒に愛媛県美術館に行っておりました。
目的は「NHKスペシャル 生命大躍進展」を見るためです!

いやー。
生命が進化していく過程を目の当たりにしてとっても面白かったです。
娘の大喜び!

そして、帰りに私が買ったお土産がこちら!

IMG_3474[1]
パズルクッキー

まあ、中身はクッキーですよ。
でも、パッケージ天面がパズルになっているんです。

これって素晴らしいなと思ったんです。
だって、まあ、最初に抜き型代はちょっと余分がかかるでしょうけど、
基本的にパッケージ単価は変わらないですね。
さらに言うなら、こうすることで「捨てられないパッケージ」になります。

家に帰って、クッキーを食べたら、本来は捨てるはずのパッケージ。
でも、家に帰ってからもこれで子供が遊びます。
すると、どうなるか?
その子供がパッケージで遊んでいる姿が両親の心に残ります。
また子供自身も「生命大躍進、楽しいー」という思い出が深く刻み込まれます。

両親は他の両親に話すでしょうね。
「生命大躍進、子供と行くといいよ」
すると子供に言うでしょう。
「生命大躍進に行くか?」

子供は友だちに言うでしょうね。
「生命大躍進、めっちゃ楽しかったー!」
すると親に言うでしょう。
「生命大躍進に行きたいー!」

単なるパッケージだったら忘れ去られる可能性が高いですが、
こうやって後からでも思い出に浸れるパッケージにすることで、
拡散する可能性が高まりますね!

だって、私もこうやってブログに書いてますから、
まんまと引っかかってます(笑)

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

seventeen − 9 =

ページの上部へ