顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【★永久保存版!今日にでも使えるネタが満載!パッケージトリビア特集!、、、・・・あ、意外に真面目な話ですよ(笑)】
2016年05月14日

【★永久保存版!今日にでも使えるネタが満載!パッケージトリビア特集!、、、・・・あ、意外に真面目な話ですよ(笑)】

ぎゃー!失敗した!
「パッケージマーケティングブログ1800本目の時はパッケージトリビアについて書こう」と思っていました。
・・・が、今日は1801本目。。。
昨日、しれっと1800本目を迎えておりました(笑)

と、いうことで本日書かせて頂きます。
あ、おはようございます。
世界初、徳島発、パッケージマーケッターの松浦陽司です。

「パッケージ」は日本語で「包む」ですが
そんなことあれこれトリビア紹介させて頂きます。
もしよかったら、何かのネタで使ってね!
あ、意外と真面目な記事ですよっ(笑)

img56397683
★パッケージの起源は?

パッケージの起源は奈良時代(710年~794年)の「風呂敷」です!
(正式に「風呂敷」と呼ばれるようになったのは室町時代から)

★パッケージは日本の心?

日本人は商品やお礼の品は、風呂敷や袱紗(ふくさ)に包んで渡します。
これは「心を包んで渡す」という日本人独特の文化なのです。
(ちなみに海外などでは容器に「入れる」という文化)

★「包む」の語源は?

「包む」の語源は実は「慎ましい(つつましい)」なのです。
先ほどのお礼の品などを裸のまま渡すのが失礼なので、
風呂敷などに日本人の「慎ましい」気持ちを「包んで」渡しているんですね。

★風呂敷は持ち帰る?

ちなみに、本来の風呂敷の使い方として「持って帰る」のが基本です。
手渡す前に風呂敷は解いて、贈答の品のみを渡すのが作法です。
まあでも、現在では「風呂敷」自体がギフトラッピングのパッケージです。
そのまま風呂敷も置いて帰った方が多くの場合は喜ばれます!

★「包」という文字はなんの象徴?

「包」という感じは実は象形文字で「お母さんのお腹の中にいる赤ちゃん」を表しています。
包んだ商品をわが子のように愛おしく、愛する。
そんな温かい思いが込められているんですね。

7532552d24218496e310512d390b5681

★「結ぶ」の語源

昔はパッケージではなかったので、風呂敷でした。
ですから「包んで」、「結んで」ましたね。
実はこの「結ぶ」には深い意味も込められています。
君が代の歌詞の中に「苔がむす」とありますね。
この「むす」には「生まれる」という意味があります。
そしてこの「むす」が派生して、「結ぶ」になったと言われています。

★「息子」や「娘」の語源?

つまり、「むす」=「結ぶ」という文字は
二つの異なるものが出会い、生まれる命を表しています。

人間で言えば、お父さんとお母さんが出会って子供が生まれますよね。

子供を
男の子の場合は、「息子」=「むすこ」
女の子の場合は、「娘」=「むすめ」
と言います。

両方とも「むす」が付いています。
偶然じゃないんですね。

12459501_10203809301071917_1317408614_n

★「パッケージ」は「商品に命を吹き込む」ということ

「結ぶ」=「むす」という文化は日本で大切にされてきました。
「結ぶ」という行為は、まさに「命を吹き込む」行為なんです!

★「結ぶ」から「パッケージ」への進化

現代のパッケージ事情では、結ぶことは殆どなくなりました。
最後は包装紙に包んだり、シールで留めたり、紙袋に入れたりします。
つまり、「パッケージ」するのです。

★まとめ

「結ぶ」が進化して「パッケージ」になってます。
大切な人への贈り物に、贈り手の思いを込める。
パッケージすることで商品を愛おしく思い、命を吹き込む。
パッケージで、あなたと私に新しい価値を生み出す。
そんな思いがあったんですね!

・・・というわけで、そんな素晴らしい仕事に取り組めて私は今日も最高です!
これからもいろいろな商品に命を吹き込んでいけるように楽しみますっ!

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

10 + three =

ページの上部へ