顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【ポジショニングを考えて、競合と土俵をずらして、戦うこともしない。「やくそく庵」パッケージ開発ストーリー】
2016年07月12日

【ポジショニングを考えて、競合と土俵をずらして、戦うこともしない。「やくそく庵」パッケージ開発ストーリー】

おはようございます。
世界初、徳島発、パッケージマーケッターの松浦陽司です。

よくやっちゃう「同質化競争」というのがあります。
「よその居酒屋が生ビール半額なら、うちもやるぞ!」
「近所のラーメン屋が平日50円引きするらしい。うちは100円引きだ!」

うんうん、よくわかります。
その気持ちも。
でも、ちょっと「ポジショニング」という考え方をしてみてはいかがですか?

例えば、パッケージ松浦が関わらせて頂いた事例で
「やくそく庵」という医療用ストッキングメーカーの東光(メディックス)が、
一般向けに「むくみ・疲労回復」などの効果を狙って開発した商品があります。

ライバルはもちろん、有名なストッキングメーカーということになります。
ポジショニングを考えてみましょう!

IMG_9193
「若い女性」に「お洒落」で挑むのは「不毛地帯」かな?
ちょっとライバルが先を行き過ぎてます。

IMG_9194
「安い」や「買いやすい」でも勝負してはいけません。
だって、ちゃんとした医療メーカーが作ってます。
ある程度の値段はしますし、また大手流通に乗らないので、ネット販売だけで買いにくいのです。

それじゃ、売れるわけがない!?
いやいや、ポジションをずらしたらいいんですよ!

IMG_9195
有名メーカーも「着圧」「むくみ」は謳ってたりするんですが、
実は医学的見地(論文など)はなく、自社調査だったりします。
着圧も東光とは圧倒的に違う。
だから「医学的見地あり」×「疲労むくみ効果大」のポジションで行こう!

IMG_9196
多彩な柄つきは技術的にできないけど、無地なら強みを発揮できる!
「着圧強」×「仕事をしている女性」のポジションで行こう!

こんな感じ。

IMG_9198

それでこの間も登場したペルソナ「田中朝子さん」の登場!
アパレルで忙しく働いて休みもろくにとれず、足のむくみに悩んでいる女性です。

この田中朝子さんの心に響くパッケージのポジションとは?

IMG_9200

「リアル」な写真がでて、緻密に「商品紹介」しているのが競合。
だったら、「イメージ」を伝えるデザインにして「お疲れ様です」というシーンを表現しよう。

IMG_9201

「人物」(モデル)がでて、ストッキングの「性能」を伝えるのが競合。
じゃあ、「動物」を使って、「癒し」を演出したらどうだろう?

こんな感じでデザインが進んでいきます。
うーん、「動物ってなんやねん!」と突っ込みたくなります(笑)

そして、2種類のデザインを提案!

IMG_9202
一つ目は「うさぎ」でした。
これもけっこう、いいでしょう?!

IMG_9203
二つ目が「ねこ」でした。
なんか、癒しを感じませんか?

IMG_9204
・・・ということでデザインは進み、最終校了したデザインがこれでした!

こんな風に、パッケージデザインを進めて行ったんですね!

omote

ura

おかげさまでかわいいパッケージができました!
よく見ると、ねこちゃんが肉球で足をマッサージしているの、わかりますか(笑)?

ポジショニングを考えると、打ち出し方は全く変わってきますね~。

ねこちゃんに癒されたいあなたは、下記のHPを覗いてみてね!

株式会社メディックス
担当 上野ひとみ

徳島県徳島市応神町吉成字西吉成42番地
Tel 088-683-3456 (代)
Fax 088-683-3455
E-mail t.toshimitsu@toko-inc.co.jp
会社 http://toko-inc.co.jp/
商品 http://www.yakusokuan.jp

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

eleven + nineteen =

ページの上部へ