顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【日本の真面目すぎる表示でパッケージデザインが損なわれちゃうのはちょっと悲しい】
2016年11月3日

【日本の真面目すぎる表示でパッケージデザインが損なわれちゃうのはちょっと悲しい】

おはようございます。
世界初、徳島発、パッケージマーケッターの松浦陽司です。

今日は文化の日ですね!
ちょっと文化について語りましょうか。
・・・あ、いや、なんか愚痴になりそう(笑)

日本の法律って、厳しいんですよね。
特に一括表示!
アレルギー表示、栄養成分表示、製造者、保存方法、、、etc
書かなければならない文字がいっぱい!

豆腐のパッケージなんか作ってて思うのは、
「うーん、パッケージの天面、半分くらい表示だな」
これじゃ、パッケージデザインが損なわれるのは当たり前ですね。

もっとかっこよくしたいなー。
でも制約があってできあってできない。
・・・こんなジレンマがあります。
真面目過ぎるのが日本の文化なのでしょうか?

ところ変わってこちらはスペイン!

NewImage115
街の片隅にある小さなお肉・チーズ屋さんの "CORELLA"。
パッケージが美しいですねー。

NewImage114
牛、豚、鳥、なんのお肉がイラストでよくわかる。

NewImage110
肉の部位もわかりやすいっすね。
四角で囲まれててが、図解でわかりやすい!

NewImage111
おお!
お皿までこんな風にしているんですね。
とってもかわいい!

 

NewImage109

こんな風におしゃれパッケージにしたいですね。

 

NewImage112
ちょっとスペインのこちらのお店が裏面にちゃんと一括表示をしているかどうかは不明なのですが、
日本のお肉屋さんも「がんばれー」と思いました!

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

fifteen − nine =

ページの上部へ