顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【八百秀(やおひで)さんの「名人のほしいも」は中身もパッケージも手間暇かかってる!】<パッケージデザイン・制作のパッケージ松浦(四国徳島)>
2017年01月7日

【八百秀(やおひで)さんの「名人のほしいも」は中身もパッケージも手間暇かかってる!】<パッケージデザイン・制作のパッケージ松浦(四国徳島)>

おはようございます。
パッケージデザイン・制作のパッケージマーケッターの松浦陽司です。

八百秀(やおひで)さんの干し芋のパッケージを制作した時の話です。
普通は透明の袋に入れて、シールという考えだったんです。
でも、それじゃ普通の商品になっちゃうなと。。。

わざと手間暇かけてパッケージを作ったらどうだろうか?
だって、商品自体も手間暇かかってるんです。

鳴門里浦産の「里むすめ」というなると金時を、お天とうさんに干しただけという素直な味わい!
名人が丹精込めてつくった商品!
・・・ということでパッケージはこちらになりました!

meijinn
名人のほしいも

わざとシール貼りや、袋に印刷しちゃうのではなく、
あえて掛紙!
トレーシングペーパーを使って半透け感を出して高級な感じに仕上げました。
カラフルな紐をわざとかけることで可愛さもアップです!

普通にパッケージを考えたら、作業的には袋に印刷をしたほうがいい。
もしくは、袋にシールを貼ったほうがはるかに楽です。

でも、あえて、中身商品の価値を高めるために、
パッケージも手間暇かけて、折り加工も、結び加工もあるパッケージにしました。

うん、中身商品をより素朴に、美味しそうに見せていると思うのですが、どない?!(笑)

株式会社八百秀
http://www.mandala.ne.jp/yaohide/f3.html
徳島市金沢1丁目3番3号
TEL:088-664-0260
FAX:088-664-0270

こちらのパッケージデザインは立花かつこさんにご手配を頂きました!
ありがとうございます。

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

4 × three =

ページの上部へ