顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【陥りがちな「こだわり、厳選、旨い」という考え方から離れてみるパッケージ開発】<パッケージデザイン・制作のパッケージ松浦(四国徳島)>
2017年05月29日

【陥りがちな「こだわり、厳選、旨い」という考え方から離れてみるパッケージ開発】<パッケージデザイン・制作のパッケージ松浦(四国徳島)>

おはようございます。
パッケージマーケッターの松浦陽司です。

あなたが「干し芋」を売るとしたらどうします?
たぶん、こんな風に言う人が多いんじゃないかな?

1)製法にこだわってます!
2)素材は厳選してます!
3)なにより、旨いです!

この時点で、あなたは随分と損してます。
だって、隣りの干し芋やさんもそう言ってるでしょ?!

この3つはもはや当たり前のことで、
お客さんにとってのメリットや、
他社との違い、
独自の価値にはならないってこと。

あ、ダメですよ!
だからってまずかったら(笑)

「じゃあ、どうすんのよ?」ってことなんですけど、
魅せ方(取扱方)を変えたらどうでしょうか?
あるいは、熟成度合いを感じてもらうとか?
食べ比べる楽しさとか。

例えばこんな感じ。


達磨庵 熟成平ほしいもパッケージ

およそイメージする「ほしいもパッケージ」とは全く違う形状にデザイン。
うん、こうすることで、雑貨としての価値が高まってきます。

さらに、注目して欲しいのが「12」とか「24」の数字。
実はこれ、12ヶ月熟成とか、24ヶ月熟成とかの、熟成具合。
最長で60ヶ月!!

「えーー!60ヶ月も熟成されてるの?」ってことがびっくり!
熟成を深めることで、味わいが変わってくる。
この熟成を食べ比べることができるのもこの商品の魅力ですね!

1)魅せ方→雑貨風
2)熟成度合い
3)食べ比べ

って価値が変わって、今までの干し芋と全く価値が変わってきたと思いませんか?

どこでもあるような、同じような伝え方
1)製法にこだわってます!
2)素材は厳選してます!
3)なにより、旨いです!

より、伝わってきますよねー。

このこと、伝わってますか?

パケマツ事例ではないんですけど、
いいパッケージだなと思って紹介させて頂きました!

出展
https://tatumaun.jp/products/product03/

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1 × 4 =

ページの上部へ