顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【「パケマツさんと一緒に仕事をするには、うちは遠すぎて。。。」って方に!】
2017年07月14日

【「パケマツさんと一緒に仕事をするには、うちは遠すぎて。。。」って方に!】

「パッケージ松浦にお仕事頼みたいんだけど、どうやって頼むの?」
・・・って、聞かれることがあります。

あるいは
「松浦さんに仕事を頼みたいんだけど、うちは遠すぎるからなー」
という方もいます。

・・・ということで、パターン別に答えてみますね。

1)パッケージ松浦に遊びに来れる会社の方へ。

ぜひ、一度、パッケージ松浦に遊びに来てください!
その時にざっくばらんに話をしましょう。
「こんな商品のパッケージリニューアルを考えている」
「来季に向けて新商品のパッケージを考えているんだけど」
ぜひ、一緒に考えましょう!


先日は香川から
「とうふ屋うかわ」の宇川社長がご来社してくれました!
ありがとうございます。

2)パッケージ松浦から遠く、遊びに来れない方

ちょっとパケマツに遊びに来れないですよね。
パッケージ松浦のお客さんなんですけど、結構、日本各地にいらっしゃいます。
大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、和歌山などの関西圏を始めとして、
鳥取、岡山、広島、香川、愛媛などの中四国。

「一体、どうやって取引が始まっているのか?」
「打ち合わせとかどうしているの?」
という話なんですが、だいたい2~3回は訪問させていただいております。

「え?その時の費用は?」って聞かれるんですけど、
ボクはミラサポのパッケージ専門家として登録されています。
この制度を使って頼んでくれたら、交通費や日当は中小企業庁から出ますので、
中小企業のご負担は0円です。


鳥取の平尾とうふ店の平尾隆久さんは、
ミラサポの制度でボクを呼んでくれたんです。


そして「鳥取代表 平尾揚げ」パッケージが生まれました!!

ミラサポ
https://www.mirasapo.jp/

あっ!
もちろん、申請の手間はありますけどね。


今は、東京板橋区にある両面焼きそば「あぺたいと」さんと
ミラサポを活用してのプロジェクトが進行中です!

奈良県の三輪山勝製麺さんと今、一緒に打ち合わせをしているのですが、
こちらは奈良県特有の制度を使って呼んでくれました。

いろいろと各県に使える制度があったりするので、
ぜひ、よろず支援拠点とか、商工会議所にも問い合わせしてみてくださいねー。

ひょっとしたら、あなたの会社に無料で松浦が現れるかも知れません!
(もちろん、中小企業庁などが肩代わりしてるってことですがっ)

その前に、ボクに連絡をくれると幸いです。

連絡方法として、一番有り難いのは
Facebookメッセンジャーです!

その次がメールですね。
あ、ホームページの問い合わせフォームから連絡をもらっても大丈夫です。

問い合わせフォームはこちらです!
http://www.p-matsuura.co.jp/company#formArea

お会いできることを楽しみにしてます!

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

15 + twenty =

ページの上部へ