顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【膨大なパッケージマーケティングストックがボクの仕事を押し上げて行ってくれた】
2017年12月28日

【膨大なパッケージマーケティングストックがボクの仕事を押し上げて行ってくれた】

昨日の続きですけど、昨日のを読んでなくてもわかるように書きますね(笑)
ちなみに昨日の記事

2011年にパッケージマーケティングブログを書き始めて、よく言われたのが「他社事例ばっかりじゃないですか!」
そう、だって自社事例がないんだもん(笑)
だから、こんな感じのことを一生懸命書いてましたね!


神戸コロッケのパッケージをよく見てくださいね!
ネコちゃんがならんでますよね!
その口元をよくご覧ください。


実はネコちゃん一匹一匹の口が違う!
「こう」「べ」「こ」「ろ」「っ」「け」って喋っているんです!
面白いでしょ!
詳しくはこちらの記事

あるいはこんなこと。

キットカットさんが郵政とコラボして、なんと郵便で送れるパッケージを作ってます!
140円切手を貼れば、全国どこにでも応援メッセージを書いて送れるんですよ!
詳しくはこちらの記事

こんな風に、神戸コロッケがどうだった。
キットカットがどうだった。
グリコが!明治が!・・・なんて、他社事例ばっかりでした。

でも、そうやって他社事例のパッケージマーケティング事例ストックがボクの中に貯まるに連れ、問い合わせに返事ができるようになったんです。
例えば「現地のお土産を日本全国に送り届けるパッケージが作りたい!」
そんなお客さんには「郵送パッケージ」を提案しました!


一番最初は沖縄のパラダイスプランさんの「雪塩郵送パッケージ」でした!
切手を貼ると日本全国どこにでも、メッセージを書いて送れるというスグレモノパッケージ!
もちろん、キットメールのパクリ、、、あっ、いや、リスペクトパッケージっす(笑)

そして、愛媛のギノーみそさんの「伊予の味噌汁」郵送パッケージ!

最新作は徳島の板東地区の「第九せんべい」!

こういった提案ができるのも、最初にキットカットの郵送パッケージの事例を知ったから!
ブログを書くネタとして知識をストックできたからなんです!

やっぱり他社事例を学ぶってこともとっても大切ですね!
やがて、自社事例に活かすことができます。
これからも楽しんでブログを書こう!

よかったら、昨日の記事も合わせて読んでみてね!
【ボクがパッケージマーケティングブログを書けなかった時にした3つのこと】

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

four × two =

ページの上部へ