顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【慎ましい気持ちを我が子を愛する気持ちで包み、新しい価値を生み出すパッケージ】
2018年01月1日

【慎ましい気持ちを我が子を愛する気持ちで包み、新しい価値を生み出すパッケージ】

明けましておめでとうございます!
年末年始、あなたはいかがお過ごしでしょうか?
ボクは意外とランニングの練習をしっかりしているのですが、それ以上に食べるのでやや体重増加気味です(笑)

パッケージ松浦は「変革と改善」の一年にしていきたいと思っているのですが、
・・・とその前に、このブログではパッケージ屋としてパッケージの起源を考えてみます。

パッケージの起源って、ご存知ですかね?
一節には日本では奈良時代(710~794年)と言われています。

「え?奈良時代に何をパッケージしていたの?」ってなるんですけど、
ここでは「パッケージ」というよりも「包む」ってこと。
つまり、風呂敷や袱紗(ふくさ)のことです。


日本では商品やお礼の品などを裸で渡すのは失礼であるという習慣があり、
そこで「包む」文化が生まれました。
これをパッケージの起源とボクは考えてます。
(ちなみに、風呂敷という名称に正式になったのは後の室町時代だそうです。)

ところで言葉の語源も面白い!
「包む」は実は「慎ましい」が語源だったんです。
お礼の品などを風呂敷に包むのは、日本人の「慎ましい」気持ちを「包ん」でいるってことなんです。
なるほどなー。

現代社会においては風呂敷を使うってことはほぼなくなってはおりますが、
それでも商品を裸ではなく、ケースに包み、包装紙に包み、なんだったら紙袋に入れて包む。
これは日本人の慎ましい心の象徴だったんですよね。


もうなんど「因む」かわからないですけど、
因みに「包」という文字は象形文字で「お母さんのお腹の中にいる赤ちゃん」を表しています。
包んだ商品を我が子のように愛おしく、愛するという意味も「包」には含まれているんです。
「包」ってなんて意味深い!

風呂敷時代は商品を包んでから「結んで」いました。
実はこの「結ぶ」もかなり深い意味が!

ご存知、君が代の歌詞の中に
「我が君は 千代にやちよに さざれ石の 巌となりて 苔のむすまで」とあります。
この「むす」は「生まれる」という意味なんです。
もうちょっと正確に言うと「2つの異なるものが出会い、生まれる命」なんですよね。

だから日本では男の子供を「むすこ」
女の子供を「むすめ」って言うんです。
「むす」がついてますね。

この「むす」が派生して「結ぶ」になりました。
「結ぶ」は命を吹き込む行為なんですよね!

現在は「包んで結ぶ風呂敷」から「パッケージ」へと変貌を遂げましたが、
パッケージによって中身の商品に新しい命を吹き込む行為なんですよ!

中身を慎ましい気持ちで包み、そして新しい価値を生み出すパッケージの世界!
2018年もしっかりと堪能していみます!
どうぞ、本年も宜しくお願いします!

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1 × 3 =

ページの上部へ