顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ
  • チェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > 出版・執筆 > 【「売れないものを売る方法、こんなにあります!」商業界4月号に3つの執筆】
2018年03月5日

【「売れないものを売る方法、こんなにあります!」商業界4月号に3つの執筆】

こんにちは!
パッケージマーケッターの松浦陽司です。
いやー、全国紙に自分の執筆が掲載されるのって嬉しいですね。
現在、販売中の商業界4月号にボクの記事が執筆されております。


この4月号のテーマは
「売れないものを売る方法、こんなにあります!」

売れない商品に嘆くのではなく、「変える」ことによって価値を伝えることが必要です。
その7つの切り口がこちら!
①売りを変える
②売る時間を変える
③売る場所を変える
④売る人を変える
⑤売る価格を変える
⑥売る方法を変える
⑦売る目的を変える


ありがたいことに、ボクは3記事も執筆させて頂いております。


その1
“売る時間”を変える!
山川町生活改善グループの中川成子さんによる「朝飲む麹」

甘酒なんですけど、「美味しいですよ」だけじゃ伝わらないですよね。
ネーミング変更によって、「朝に飲む」という需要を創出!


その2
“売る人”を変える!
早瀬食品の早瀬久善さんによる「風船とうふ 美作こうじ君」
豆腐なんですけど、ターゲットが主婦だと当たり前!
それを“子供”にずらして大ヒット!


その3
“売る値段”を変える!
平尾とうふ店の平尾 隆久さんによる「鳥取代表 平尾揚げ」
価格を上げても、売上枚数が増える!
そんなマジックのようなことが起きるんです!

既に商業界をお持ちの方は、よかったら読んでみてね♪
それで、SNSアップしてくれたら嬉しいです(笑)

編集長の笹井清範さん、執筆依頼をありがとうございました。
取材協力してくださった中川さん、早瀬さん、平尾さん、ありがとうございました。


商業界4月号Amazonはこちら
https://buff.ly/2CoYZNz
よかったらシェア・リツイートとかしてくれたら嬉しいです!

そして、「読んだよーーー」なんてSNSに投稿してくれたら嬉しいな!
ぜひぜひ、ご感想もお待ちしております!

<追伸>
3月はTwitter強化月間で、1ヶ月で500投稿目指して頑張ってます。
反応があったら嬉しいので、よかったらフォローしてみてください。
宜しくお願いします。
https://twitter.com/p_matsuura

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

sixteen − fourteen =

ページの上部へ