顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ
  • チェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【パッケージコストを下げているのに、会社のブランド力を高められる場合がある その1】~その魔法のパッケージとは紙袋~
2018年03月20日

【パッケージコストを下げているのに、会社のブランド力を高められる場合がある その1】~その魔法のパッケージとは紙袋~

おはようございます。
パッケージマーケッターの松浦陽司です。

パッケージはよく「コスト」として捉えられます。
つまり「削減」対象ですね。
でも、削減しまくってたら、どんどんダサくなっていく。

だからパッケージを「投資」というコストに捉える企業もあります。
デザイナーもきちんと使って、パッケージにもコストを掛けて生産するわけです。
だからブランド力が高まる。

でもごく希にですが「パッケージコストを下げているのに、会社のブランド力を高められる場合」があります。
それは「紙袋の既製品を使っている」場合です!

例えば、こんな話。
最初はどのくらいの数量の使うか分からないので、既製品の紙袋を使い始めました。
これはもちろん悪いことじゃないです。

徐々に使用数料が増えてきて、年間2~3万枚使うようになった。
でも、なんとなく同じ紙袋を使っている。
まあ、注文したら届くし、便利ですから

でも、ボクは「もったいないなー」と思うわけです。
試しに見積してみたら、10000~15000枚くらいでオリジナル袋を作れる。
しかも、従来品より1~2割程も安い価格に!
そこの会社はオリジナルの紙袋を作ることを決定しました!

既製品の紙袋だと、やっぱりどこでも使っているから同じようになっちゃう。
オリジナルの紙袋の方がブランド力高まりますよね。
しかも、コストも安いわけですから!

※あ!
版代などのイニシャルコストは別途になります。


桶幸ウチダ造花さんも以前は既製品の紙袋を使っていましたが、今はオリジナル別注の紙袋です♪
(ウチダさんの場合は、コストダウン目的ではなく、とっかかりはブランド力向上目的と、サイズの問題が大きかったですけど)

もし、あなたの会社が大量の既製品の紙袋を使っているとしたら??
よかったらパケマツに一度、ご相談ください(笑)

その2もあるので、また後日、紹介しますね。

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

three × one =

ページの上部へ