顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【これぞ最強パッケージ?3年貯蔵日本酒のパッケージ新聞】~品質、歴史、思い出を包め~
2018年03月22日

【これぞ最強パッケージ?3年貯蔵日本酒のパッケージ新聞】~品質、歴史、思い出を包め~

2018年3月20日(火)
徳島県中小企業家同友会の活動で、徳島・高知で店舗展開するお酒屋さん「リカオー」さんに企業訪問!
経営について学ぶ同友会!
・・・はずなんですけど、ボクの意識は違うところに(笑)


これは「平成27年 八海山 越後で候 生原酒」です。
(サンプルだけなんですけど)
でもせっかくのパッケージを新聞紙で包んで見せなくしてますよね。
なんでだろう?


宮本実社長の解説です。
「種類にもよりますが、日本酒は氷点下で貯蔵すると2~3年でとっても旨く熟成される。
その冷凍庫を作って、貯蔵しているんですね。
光も嫌うので、一手間掛けて、ビンを新聞で包んでさらに熟成効果を高めます。
そして実際にお渡しする時にも、このまま(新聞紙に包んだまま)渡します。
すると家で新聞を取りながら『そうそう、3年前にはこんなことがあったね。その時のお酒なんだ』と、
思い出や、当時のストーリーが蘇って、話に花が咲くでしょう」

なるほどね。
・光を遮り日本酒の品質を守る
・3年前貯蔵の歴史の証明にもなる
・さらに思い出話に花が咲く

こんな3段構えで考えられたパッケージだったとは!
リカオーさん、さすがっす。
ボクも勉強させて頂きました。


・・・あっ!
実はこの同友会の学びの本質は別のところにあって、タイトルはこちらでした。
Eコマース
「業務改善で売上アップ」
商品調達と業務の効率で売上130%達成!

リカオー株式会社の宮本実社長と、実際のEC担当者 鴨川直人さんの話でした。
お酒を安く売ってるところは他にいっぱいあっても、リカオーの強みは「酒屋」に特化してるところ。

そのために毎年ソムリエ試験に社員さんを参加させたり、フランスにワイン留学に行ったりしているそうです。
だから、リカオーさんは、こんなにお酒について語れるのか!
そして、どのようなサイトを作っているのが、いろいろと語ってくださいました。


・・・まあ、ボクの最強印象は貯蔵日本酒のパッケージ新聞だったわけですが(笑)
宮本さん、鴨川さん、ありがとうございました!!!

リカオーホームページ
http://www.ricaoh.co.jp/

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

5 × 3 =

ページの上部へ