顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【ゼロの日常(ティータイム)に学ぶパッケージマーケティング】~オクラパッケージの色の同化現象~
2018年11月17日

【ゼロの日常(ティータイム)に学ぶパッケージマーケティング】~オクラパッケージの色の同化現象~

ほぼ日常と縁遠い生活をしております。
テレビもろくに見ないし、
流行りも知らない。
でも、「ゼロの日常(ティータイム)」は読みました!

おはようございます。
パッケージマーケッターの松浦陽司です。

そんなボクの娘・松浦凛ちゃん(10)が一押しキャラクター!
安室透!


ご存知、名探偵コナンにでてくる謎多きキャラクター!
最近ではスピンオフ作品である「ゼロの日常(ティータイム)」が発売。
これに娘が夢中になってるわけです。

「お父さんも読んでー」と読みました。

そしてボクが面白かったのは
「パッケージによる色の同化現象」でした。

安室と一緒に喫茶「ポアロ」で働いている榎本梓さん!
安室と一緒にスーパーに買い出しに出かけた時に、アムロに話しかけます。


「オクラはどうして緑のネットに入れて売られているか(知っていますか?)」

決論としては、
“色の同化現象”を利用して、オクラをより新鮮に、みずみずしく見せるためなんです。
これを梓さんは得意げに語ります。

さて、実際に見てみましょう。


ネット入りオクラ


ネット無しオクラ

うーん、けっこう違うものですね。

違う画像も見てみましょう


確かに、同化現象が働いています。


ちなみに、みかんがオレンジのネットに入っているのも
同じ効果を狙ってのもの。
なるほどねー。

「そんな、パッケージマーケティングが面白かったよ!」
娘とおもしろいと感じるポイントは、きっと違うだろうなー(笑)

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

4 × four =

ページの上部へ