顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【商品開発をして、販路開拓をしないのは、子供を産んでおいて、育てないのと同じだ】
2018年12月21日

【商品開発をして、販路開拓をしないのは、子供を産んでおいて、育てないのと同じだ】

商品は子供と同じだ。
商品開発して、売り先を考えないなんて!
子供を産んでおいて、育てないのと同じだ!
育児放棄はアカンですねー。

おはようございます。
パッケージマーケッターの松浦陽司です。

商品開発において、パッケージは完全に一体です。
パッケージ開発と、商品開発は、
表裏一体で、分離不可のモノだと考えます。

そういった意味で、
パケマツが関わらせてもらったパッケージは我が子です!
「パッケージ納品したら終わり」なんて育児放棄はしませんよーーー。


サンマッシュ櫛渕協同組合の浜田光且社長と共に、
新商品・新サービス合同プレス発表会(徳島商工会議所主催)に行ってきました!


元々はこのパッケージで徳島県下各地で販売。


新しい販路を作るために、雲竜パッケージを作りました。

なぜ、このパッケージを企画したのか?
簡単に言うと、
「より新鮮で美味しい椎茸を、お買い求めやすい価格で、消費者に届けたい」って思い。
足付きしいたけ雲竜パッケージの詳しくはこちら

プレス発表会ではこういった新商品を
新聞社などのプレスの前で発表すること。

後日、かなりの確率で、徳島新聞を始め、いろいろな新聞に載るんです。
すると、問い合わせも増えて、場合によっては販路も広がる。


こういったアフターの販促活動も取り組んでます!
だって、我が子ですから!

この足付き雲竜しいたけは、
現在、徳島ではサンマッシュ櫛渕協同組合で販売しております。
(事前に電話をいただけると嬉しいそうです)

あと、関西では
関西スーパーと
イズミヤの産直市がある店舗で取り扱われているそうです!

見かけたら是非、手に取ってみてくださいね♪

サンマッシュ櫛渕協同組合 「足付き雲竜椎茸」
住所
徳島県小松島市櫛渕町字山口37-7
TEL
0885-35-7150
FAX
0885-35-7151
URL
https://sunmush-kushibuchi.jp/

 

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

sixteen + 5 =

ページの上部へ