顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 引越し屋さんのパッケージカラー戦略
2011年08月10日

引越し屋さんのパッケージカラー戦略

みなさん、おはようございます。
今朝はランニング練習しようと思ったら、凛が起きてきてできなかった松浦 陽司です。

みなさんの奥様や旦那さま、「最近、元気がないなぁ~」と思うことはありませんか?
そんな時は励ます!
・・・というより効果的な方法があります。

☆☆☆

奥さんがうつ病であったり、極度な神経質だということで、別れたいと思っている亭主諸君へ。
帰るべきは家の色彩設計である。奥さんを変えてはならない。
(1900年代中ごろに活躍したアメリカの色彩学者 ルイス・チェスキン)
パッケージ松浦 のブログ

☆☆☆
色が人に与える力!
色がお客さんの心に訴える力!
これは研究に値します。
ピンクは「人の絆」を表します。
震災後、特に求められるようになってます。
http://ameblo.jp/p-matsuura/entry-10979537783.html
ところで、色に重さがあるってご存知でしょうか?
もちろん、 実際の重さのことではありません。
「実際より重く感じる」という感覚の重さのことです。
もちろん、黒が白より重く感じます。

パッケージ松浦 のブログ

白の重さを100とすると感じる重さはこのようになります。

黄色 113
緑 132
青 152
グレー 155
赤 184
黒 187

なんと!
白と黒では、感じる重さが2倍近く違うんですね。

段ボールと言えば「茶」が主流。

パッケージ松浦 のブログ
ですが最近、引っ越し業者が利用している段ボールは「白」が多いことをご存じだったでしょうか?

パッケージ松浦 のブログ
1日に何百ケースも運ぶ段ボール。
実際より重く感じていたら、社員さんは大変な苦痛ですね!

こういったビジネスシーンに応じて、パッケージの色を考えるって大切なことです。

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

18 + fourteen =

ページの上部へ