顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 不安いっぱいの受験生が感動で涙するネスレジャパンさんのストーリー
2011年11月17日

不安いっぱいの受験生が感動で涙するネスレジャパンさんのストーリー

「何でもかんでも、声を大きく言えばいいんだよ」と思っている貴方へ。
私もそうです。
・・・が、静かに口コミを生む方が良いこともあるようです。

おはようございます。松浦 陽司です。
3日連続でキットカットの話を書きます。
これだけ応援していたら、ネスレジャパンから御礼が届いたりして(笑)

☆☆☆

予想以上、期待以上の時に感動が生まれる。
そして、感動は口コミを生む。

☆☆☆

ご存知の通り、キットカットは「きっと、勝つ」ということで受験のお守りにも使われます。

もともとは、九州弁の「きっと、勝っとぉ~」から来たようですね。

「これはいい」と思ったネスレジャパンさん、
静かに口コミを生むシナリオを実行します。

それは、受験生が使うビジネスホテルに営業に行ったのです。

見知らぬ土地、今から受験、きちんと実力が出せるか?
受験生は不安でいっぱいです。

そんな受験生がチェックアウトする時に一言添えて、キットカットを差し上げます。

「キットカットをプレゼントします。“きっと勝つ”で非常に縁起がいいんです。
受験中に食べてください。がんばってくださいね!」

いや~、こんなことを言ってもらった受験生は感動するでしょうね。
絶対に人に喋りたくなります。
私も大学受験の時にもらいたかったなぁ~。

今ではすっかり定番なので、しっかりとパッケージでアピールしてます。

 
サクラサクキットカット 紅白パック
縁起のいい紅白の柄です。

感動を生み、ファンを生む、素晴らしいシナリオです。
このようなパッケージマーケティングもあるんですね。

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

seventeen + 11 =

ページの上部へ