顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > ターゲットを変える、主戦場を変える、パッケージを変えるで、利益率2%から7%へ!
2011年11月19日

ターゲットを変える、主戦場を変える、パッケージを変えるで、利益率2%から7%へ!

「大きい方がお客さんは喜ぶ!」と思っている貴方へ。
ターゲットや市場を見ると違うかも知れませんよ。

おはようございます。松浦 陽司です。
11月17~18日は出張でした。
今日は凛としっかり遊ばないと!

☆☆☆

本当の顧客はどこにいる?
「小瓶戦略」でファン拡大

宮崎本店(三重県) 宮崎由至社長

☆☆☆

「お酒は20歳以上の人が全員ターゲットだ!」
マーケティングの世界では間違ってます。
顧客は絞り込みをしないといけません。

宮崎本店さんも以前は「みんな」に売ってました。
4リットル容器で、安く、安く・・・・。

 

しかし、競合も激しい、販売店からも値下げ要求の苦しい日々。
この状態から、1つの方針と、3つのステップで変革していきます。

方針「価格競争を止める」

①ターゲット変更
20歳以上の人 → こだわりを持った熱烈ファン

②主戦場変更
スーパー、ディスカウント → 下町の居酒屋

③メイン商品変更
4リットル容器 → 小瓶

こだわりのファンに、下町の居酒屋で、小瓶にして自分で水割りを作るスタイルを提案。
すると、徐々に焼酎「キンミヤ」のブランド力が上がっていきました。

価格競争を止め、パッケージを小さくし、おいしい飲み方を提案。
これで利益率2%から7%へ成長しました!

こういったパッケージマーケティングも見逃せません。

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

eighteen − eleven =

ページの上部へ