顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 売れるネーミングで売上が15倍に! ~通勤快足~
2011年11月20日

売れるネーミングで売上が15倍に! ~通勤快足~

「商品が良ければ、ネーミングは何だっていい」と思っている貴方へ。
商品は同じでも、ネーミングで何倍も売れることがあります。

おはようございます。松浦 陽司です。
今日は凛(娘3歳)の七五三のお参りです。
楽しみです。

☆☆☆

通勤快速

 
途中の駅の一部を通過し、主要駅のみに停車することで目的地駅への速達サービスを提供する列車

☆☆☆

「フレッシュライフ」という商品をご存知でしょうか?
・・・・殆どの方は知らないと思います。

1981年に発売。
初年度は3億円売上ましたが、その後は減少。

1987年、起死回生でネーミングリニューアル!

「通勤快足」です!
“快速”でないですよ“快足”です!「足」です!

これでなんと!
1987年 売上15億円
1989年 売上45億円!
15倍も売れたんですね。

“フレッシュライフ”では、漠然とし過ぎていました。
「一体なにが、フレッシュなの?」

“通勤快足”では、サラリーマンの心に訴えました!
「あぁ、足のムレが快適になるのか!」
「そうか、快適に通勤できるんだ」
「足の臭いも防げるかな?」

ずばり、ターゲットの心に伝わるネーミングだったのです。

 

もちろん、ポスター、パッケージ、広告宣伝媒体で色々と伝えたことは間違いありません。

パッケージマーケティングではネーミングということも非常に重要です。
売れる商品づくりには、伝わるネーミング&パッケージです。

関連記事
http://ameblo.jp/p-matsuura/entry-11008281179.html

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

7 + 4 =

ページの上部へ