顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【徳島からわざわざ姫路に食べに行きたい本家かもめ屋さん】~紙袋パッケージをディスプレイにも使おう~
2019年08月17日

【徳島からわざわざ姫路に食べに行きたい本家かもめ屋さん】~紙袋パッケージをディスプレイにも使おう~

<やっとまた食べれた!姫路の名店 本家かもめ屋!>

今年の2月に食べて、また、食べたかったんです。
姫路にいくタイミングを見計らっていました。

姫路の名店、本家かもめ屋さん!
ステーキとエビの「かもめAランチ」!

廣岡社長と経営談義しながら頂きました!
うまかったなー。

<高級なパッケージの使用法は持ち帰りだけではない>

かもめ屋さんにはパケマツから高級紙袋を納品させて頂いてます!

通常では使わないくらいの上質な紙!
赤い手提げ紐、マットな紺色が美しい。
お店のディスプレイとしても使ってくれてて嬉しいです。

こんな風に、パッケージって、実はディスプレイにも使えるんです。
特に、店舗を彩りたい飲食店などはいいと思います。

<お店とパッケージのレベルと一致させる>

さっきもちょっと言いましたが、
普通の紙袋の仕様よりずいぶんといい紙袋なんです。

本家かもめ屋さんは高級なお店です。
ここでドレッシングを買って、
めっちゃちゃっちいレジ袋とか、
薄くて向こうが透けそうな紙袋だと嫌じゃないですか!

高級なお店であれば、
高級な紙袋が必要です。

お客さんが
「これなら大丈夫」って思ってもらえるように!

本家かもめ屋の廣岡社長!
ありがとうございます。

本家かもめ屋
079-264-1120
兵庫県姫路市砥堀697-1
https://tabelog.com/hyogo/A2805/A280501/28015457/

紙袋についての詳しい解説はこちら。
http://www.p-matsuura.co.jp/result/26604.html

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

eighteen − nine =

ページの上部へ