顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【新商品開発しなくても新商品ができてしまうパッケージマーケティング】
2012年02月9日

【新商品開発しなくても新商品ができてしまうパッケージマーケティング】

【新商品開発しなくても新商品ができてしまうパッケージマーケティング】

「季節ごとに新商品を作りたいんだけど、・・・難しいな」という貴方へ。
無理に新商品開発しなくても、新商品が出せますよ!
矛盾しているようですみません。

おはようございます。
パッケージマーケティングで売れる商品開発のお手伝い松浦 陽司です。

☆☆☆

金のつぶ におわなっとう ミツカン
http://ameblo.jp/p-matsuura/entry-10991150644.html

☆☆☆

2012年も早2月になっております。
現在、スーパーで売られている商品がこちら!

 
金のつぶ におわなっとう です。

いつもの「におわなっとう」と違いますよね。
そうです。
新春!桜パッケージです!

中身は同じ納豆ですが、こうやったパッケージを季節感溢れるものにすることで、
お客さんが「そうだ、新春だから納豆だ」となるわけです。
(つながりに意味はないのですが、なぜか納得するわけです)

このパッケージは実は何種類かあります。

それぞれ、桜吹雪の模様が違います。
さらに、一言メッセージが面白い。

①恋ってため息ばかりでる
②名刺交換は息も交換している
③ご近所様との噂話は爽やかに

 

おそらく、2月途中まで販売されると思います。
におわなっとうの桜パッケージが気になったら、ぜひ今のうちにお買い求めください。

パッケージマーケティングでは、
無理に商品開発しなくても、
パッケージを変えることで季節感を出すことができます。

そして、お客様に手に取ってもらえる可能性が高まるのです。

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

17 + 4 =

ページの上部へ