顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【食べられない豆腐を知ってますか?冷蔵しなくても腐りません】
2012年02月13日

【食べられない豆腐を知ってますか?冷蔵しなくても腐りません】

【食べられない豆腐を知ってますか?冷蔵しなくても腐りません】

「豆腐は生鮮売り場、文房具は文房具売り場」と思いこんでいる貴方へ。
パッケージと組み合わせで意外性のある商品開発はいかがでしょう?

おはようございます。
パッケージで面白い商品開発ご提案の松浦 陽司です。

☆☆☆

ご飯の友が、調味料に変身して売れた塩こんぶ(ふじっ子さん)
http://ameblo.jp/p-matsuura/entry-11041380396.html

☆☆☆

私は付箋紙をよく使います。
TO DO(やること)リストをつくるのが面倒なので、付箋にやることを書いていきます。

話は変わりますが、豆腐も好きです。
夏場は居酒屋で冷奴は定番メニューですね。

それでは、問題です。
この商品は一体何でしょう?

 

 

・・・実はこれ、付箋紙なんです。

商品名は「豆腐一丁 もめん」です。
ふせん紙100%で「冷蔵不要」です。
くれぐれも冷蔵庫に入れないようにしてくださいね(笑)

ちなみに、「もめん」はエンボス加工がしてあって、まさに木綿地。
「絹ごし」はサラサラの表面で、書き味まで豆腐をそのまま再現しているとのこと。

 

これもパッケージマーケティングの一つですね。
パッケージを変えたら売れるようになる。

パッケージを変えるだけで、お客さんにとっての価値が変わります。
ふせん紙の価値に、「遊び心」が加わりましたね。

250枚で493円??
結構、高いですけど、売れているそうです。
買う理由が値段じゃなくなったんですね。

全国の東急ハンズやロフト、通販サイトで販売中!
みなさんも探してみてください。

私がこの商品のお手伝いをさせて頂くとしたら、周辺商品ももちろん作ります。
・・・・と思ったら、いろいろ既にありました。
また、明日、紹介しますね。

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

fifteen + four =

ページの上部へ