顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【産地を表示することが、買う理由になる ~北のどん兵衛~】
2012年02月21日

【産地を表示することが、買う理由になる ~北のどん兵衛~】

【産地を表示することが、買う理由になる ~北のどん兵衛~】

「うちの商品の産地くらい分かってるだろう」と思っている貴方へ。
あんがい、お客さんはぼやっとしているもんですよ。

おはようございます。
パッケージのちょっとした工夫で売上が変わると思っている松浦 陽司です。

☆☆☆

パッケージに産地を書くことで売上が変わる
http://ameblo.jp/p-matsuura/entry-11169800048.html

☆☆☆

昨夜は、どん兵衛の事例を書きました。
東と西で味が違うんです。

でも、もっと違う味があります。
実は北海道!

 

利尻昆布のだしを非常に聞かせた「どん兵衛」を発売!
こちらはしっかりとパッケージに記入されています。

 
これって本当に大事なことです。
「北のどん兵衛」と記入することで、それだけで買う理由になるのです。

秀逸だなとおもったのが、ちゃんと北海道に地図をパッケージに印刷してあること。
お土産を貰った人が「あぁ、北海道産」というのがよく、よく、よく、分かります。

本州から北海道に旅行に来た人が、スーパーやコンビニで、
「あぁ、これは北海道でしか売ってないんだ、じゃぁ、買わなきゃ」という理由になるのです。

そして、北海道に住んでいる人にとっては、
「あれ?当たり前だと思っていたけど、これは私たち独自の商品だったのか?」
そんな誇り付けの商品になるのです。

私が日清さんのコンサルをさせて頂けるなら、
このような商品をたくさん作るでしょうね。

47都道府県別味比べセットができれば最幸!
無理でも、また、地方別くらいはできるでしょう。

そして、きっちりと「○○の特別限定商品」とパッケージに銘打つでしょうね。
「限定」が顧客心理をくすぐります。

パッケージマーケティングで売上アップする基本ですね。

今回の「どん兵衛」記事2つは、広島に住んでいた時の友人!
清水由貴さんからインスパイアされたものです。
どうも、有り難うございます。

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

4 × two =

ページの上部へ