顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【伝わりやすいネーミングで大ヒット ~おーいお茶 伊藤園~】
2012年02月23日

【伝わりやすいネーミングで大ヒット ~おーいお茶 伊藤園~】

【伝わりやすいネーミングで大ヒット ~おーいお茶 伊藤園~】

「商品の良さなんて自然に伝わるんだよ」と思っている貴方へ。
買ってもらわないと伝わらないより、買ってもらう前から伝わる方がいいですよね。

おはようございます。
パッケージの工夫ひとつで、売上が変わると確信する松浦 陽司です。

☆☆☆

ネーミングでストーリーを伝えよう。
http://ameblo.jp/p-matsuura/entry-11087689882.html

☆☆☆

「缶入り煎茶」って商品をご存知ですか??
知らないでしょうね。


では、「おーいお茶」という商品をご存知でしょうか?
もう、日本全国で1億人くらいがご存知でしょう!

 

実は、「缶入り煎茶」は実は「おーいお茶」の昔の名前です。

でも、「缶入り煎茶」の時にはお客さんからクレームがあったそうです。
「煎茶って、なんて読むんだ??」
正直言って、こんな低レベルな質問を伊藤園は想定していませんでした。
「まえちゃって読むんですか?」という問い合わせもあったそうです。

当たり前と思うことでも、やっぱり伝わらないと意味がないんです。
伝わらないと、ないのと同じです。

そこで、よりお客さんに伝わりやすいように「おーいお茶」とネーミングとパッケージを変更しました。

するとどうなったかというと、この通りです。

 

2011年12月に累計200億本を突破しました!
すばらしい勢いです。

なんでこんなに伸びたのか?
やっぱり「伝わったかどうか」です。

「煎茶」では読むのも困難でした。
伝わる以前の問題。

「おーいお茶」なら、「お茶」であることは伝わります。
秀逸なのは「おーい」ですね。
お客さんに呼びかけるような、思わず振り返りたくなるような。
そんなネーミングが素晴らしいなと思います。

もし、私が今後のプロデュースをさせて頂けるなら、
復刻版「缶入り煎茶」を出したいなと思います。

やっぱり、伊藤園さんとしては、「お茶文化発展」に寄与したいものと思います。
日本の伝統をより深く、より広く、浸透するために、
「煎茶」くらい、1億人が読めなくてどうするんですか?

次の段階として、お茶文化の創造、発展のために、尽力されてみてはいかがでしょう?
200億本を超えた今ならできると思います。

今日のネタは、先日、ラジオでお世話になった、曽谷浩隆さんから教えて頂きました!
有り難うございます。
http://ameblo.jp/p-matsuura/entry-11165737205.html

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

sixteen + three =

ページの上部へ