顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【入り数を小さくすることで新市場開発のパッケージマーケティング ~ブルボンのプチ~】
2012年02月24日

【入り数を小さくすることで新市場開発のパッケージマーケティング ~ブルボンのプチ~】

【入り数を小さくすることで新市場開発のパッケージマーケティング ~ブルボンのプチ~】

「大きいことはいいことだ」と今だにいっている貴方へ。
世の中は「小さいことはいいことだ」に変わっています。

おはようございます。
パッケージマーケティングという言葉を世の中に浸透していきたい松浦 陽司です。

☆☆☆

本日のネタ元は小野寺豊さんに頂いてます!
販促の反則技 ブログ
http://www.wecando.co.jp/blog/
小野寺豊さん、有り難うございます。

☆☆☆

最近、大きなサイズよりも、小さいサイズが好まれます。

ぶどう饅頭も3本入りが発売されています。
http://ameblo.jp/p-matsuura/entry-11017430775.html
ゆで卵なんか、1個で販売してます。
http://ameblo.jp/p-matsuura/entry-11052253596.html

サイズを小さくするだけ、入り数を減らすだけでも、新市場開発、売上アップを狙えます。

先駆けとなったのがブルボンの『プチシリーズ』です。

ターゲットは『コンビニにお昼ご飯を買いにくるOLたち』!

コンビニで昼ご飯に使うOLたちの予算が500円以内というデータから、
弁当+デザートで予算に収まり、
食後に一口甘いものを食べたいというニーズも考慮し、
80円で食べきりサイズというコンセプトでシリーズ化しました。

その後、『いろいろな味を少しずつ食べたい』というニーズを開発。
さらに“個食化”や“お菓子を持ち歩く”という従来の食シーンを創造!
 

女性のハンドバックに難なく入る大きさと
持っていても可愛らしいイメージのパッケージデザイン、
そしてひとりで食べても余らない食べきりサイズを重視した結果、ヒット商品になった訳です。

入り数を小さくするというパッケージマーケティングで大成功を収めた訳です。

もし、私が企画変更を担当させて頂けるなら、
次に狙うのは「オジさんのオツマミ」市場でしょうか。

「男は黙ってプチ」とか、
「お酒のおつまみプチ」とか、
「深夜の御供のプチ」とか、こんな市場開発も面白いのではないかと思いますね。

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

one × three =

ページの上部へ