顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【かっぱえび家の4人が大集合!それぞれの趣味は?? カルビー かっぱえびせん ミニ4】
2012年05月13日

【かっぱえび家の4人が大集合!それぞれの趣味は?? カルビー かっぱえびせん ミニ4】

【かっぱえび家の4人が大集合!それぞれの趣味は?? カルビー かっぱえびせん ミニ4】

おはようございます。松浦 陽司です。

昨日はカルビー かっぱえびせんの「かっぱえびくん」の紹介でした。
http://ameblo.jp/p-matsuura/entry-11248557330.html

実はこのかっぱえびくんには、お父さん、お母さん、妹がいます!

 
カルビー かっぱえびせん ミニ4

かっぱえびせんのミニサイズが4袋連なって売られているものです!
それぞれのパッケージに、家族が一人ひとり紹介されています。


もちろん、かっぱえびくん。
かっぱなのにかなづちで泳げない!

 
そして、かっぱパパ。
趣味は釣りと水泳と入浴。

 
えびママです。
専業主婦なんだそうです。


かっぱエビーちゃん!
まだハイハイしかできないのですが、水に入れば家族一の泳ぎが上手!


家族全員登場の可愛いパッケージになっております。

昨日の「かっぱえびせんミニ」では必ず「かっぱえびくん」がいるとは限りませんでした。
でも、「かっぱえびせんミニ4」では必ず家族と会えます。

お得なパッケージですね(笑)
こういったストーリーのあるパッケージは口コミを生んでいきます。

さて、ここで中小企業に置き換える勝手にパッケージマーケティングコンサルコーナー!

今回の事例はキャラクター展開でした。
でもこれって、いろいろなところに応用できます。

展開はいろいろあります。
いちご味があったら、ミルク味を出すという「フレーバー展開」。
大入りがあったら小分けを出す「入り数展開」。
箱で出しているものを袋で出す「容器展開」。

そうすることで、また違った商品開発、お客さん創造ができるかも知れません。

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

three × 1 =

ページの上部へ