顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【ポッカコーヒーのキャラクター十二変化 パッケージリニューアルで新顧客創造+従来顧客維持】
2012年06月10日

【ポッカコーヒーのキャラクター十二変化 パッケージリニューアルで新顧客創造+従来顧客維持】

【ポッカコーヒーのキャラクター十二変化 パッケージリニューアルで新顧客創造+従来顧客維持】

おはようございます。松浦 陽司です。
今日は日曜ですね。

小さい変化、大きい変化、両方とも大事だと思います。
最悪なのは「無変化」です。
パッケージも時に繊細に、時に大胆に変化することが大切です!

 

ポッカの缶コーヒー!
実は既に12代の変化をもたらしています。

10代目→11代目はともかく、
2代目~10代目はほんの小さなリニューアルです。

この小さい変化が大事なんです。

知ってましたか?明治ブルガリアヨーグルトが22回もパッケージリニューアルしてるってことを!
明治 ブルガリアヨーグルトも22回のデザインチェンジをしています。
詳しくはこちら
http://ameblo.jp/p-matsuura/entry-11120163565.html

パッケージデザインは錆びつくのです。

だから、新しい顧客に認知してもらうために、変化が必要です。
若い層、あるいは今まで買ってくれなかった人の目につくように変化しないといけません。

小さい変化が大事なんですね!

【味の素 ほんだしのカツオの向きが変わった?パッケージリニューアルでデザインを錆びつかせるな!】

味の素の「ほんだし」も7回のリニューアル!
詳しくはこちら
http://ameblo.jp/p-matsuura/entry-11263627230.html

だけど、あまりに大胆に変わってしまうと、
今までのお客さんが「あれ?あの商品何処にいったの?」となってしまいます。

積み上げた歴史、ブランドがあるのであれば、
あまりきれいさっぱりと変えることは望ましくないですね。

【パッケージとネーミングを変えるだけで売上4倍!生産効率1.5倍!おはようポテト 日本ハインツ】
本当になんのブランド価値もない場合、
大胆なリニューアルで売上4倍以上になった「おはようポテト」の例もあります。

詳しくはこちら
http://ameblo.jp/p-matsuura/entry-11132636770.html

さて、ここで中小企業に置き換える勝手にパッケージマーケティングコンサルコーナーです。


「今のままでは売れないのでパッと変えよう」
このように言う方が時々いらっしゃいます。

その方はちょっと待って。
せっかくの従来顧客を逃してしまう可能性があります。

「今までこれまでやってきたから、売上はダウンしているけど、そのままで頑張ろう」
このように何も変えずに頑張っている人もいらっしゃいます。

その方はちょっと待って!
ちょっとずつでも変えたほうがいいんじゃないですか?

自分や自社の商品のポジションを見ながら、大きく変えるか、小さく変えるか、考えてみましょう。

再度、一番重要なので繰り返します。
一番最悪は「無変化」ですよ!

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

eighteen + 6 =

ページの上部へ