顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【不滅のロゴデザイン CID研究所 高田雄吉氏 ロゴにもコンセプトを!】
2012年06月22日

【不滅のロゴデザイン CID研究所 高田雄吉氏 ロゴにもコンセプトを!】

【不滅のロゴデザイン CID研究所 高田雄吉氏 ロゴにもコンセプトを!】

こんにちは。松浦 陽司です。
昨日(2012年6月21日)は大阪でデザインセミナーを受講しておりました。

今日はパッケージマーケティングの番外編。
パッケージにもよくついている「ロゴ」が主役の話です。

不滅のロゴデザイン
~強いデザインをつくるために~
CID研究所 高田雄吉氏

高田氏は語ります。
スーパーロゴ(不滅のロゴ)には複数の要素が必要だと!

もうちょっと分かりやすく説明しますね。

 
例えばこれ!
「ブライトンホテル」のロゴ。

パッと見て、ただの「B」に見えます。

ここの3つの要素、
コンセプトと言ってもいいです。
それが隠れているんです。

①縦線に「1」が隠れている。
「お客様にとってNo.1を目指そう」
そのような思いが込められているんです。

②最後の跳ねが右肩上がりになっている。
これはグラフに例えられています。
どんなに苦しい時でも右肩上がりで成長していこうという
意思が込められています。

③全体の雰囲気が「だるま」っぽい
どんな状況でも立ちあがる、そんな思いが隠されています。

このような3つのコンセプトが隠されているんです。

こういったことを社員さんと共有します。
すると、「私たちはこんな思いでやっているんだ」ということが共有できます。

また、お客さんにも説明します。
「ナンバー1を目指してます、そのためにダルマのように強く、そして右肩上がりに・・・」

そうすると、お客さんも共感します。

そうなんです。
「コンセプトが大事」なんです。

今日の勝手にパッケージマーケティングコンサルコーナーです。

なんとなくカッコいいデザイン。
なんとなくカッコいいロゴ。

そう言ったものは語り継がれないのです。

ぜひ、後付けでもいいので「コンセプト」を考えてみましょう!

明日はパッケージ松浦のお客様である

「四季乃菓子 あわや」さん
http://awaya-tokushima.com/

こちらの実例で紹介させて頂きます!
さらにロゴに対するコンセプトを深めていきます!
お楽しみに!

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1 × five =

ページの上部へ