顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【コンセプト明確! グリコ 防災備蓄常備用 カレー職人 温めずにおいしく食べられるカレー 中辛】
2012年08月25日

【コンセプト明確! グリコ 防災備蓄常備用 カレー職人 温めずにおいしく食べられるカレー 中辛】

【コンセプト明確! グリコ 防災備蓄常備用 カレー職人 温めずにおいしく食べられるカレー 中辛】


おはようございます。松浦 陽司です。
たまに「品名は短い方がいい」という方もいらっしゃいます。
でも、短くて訳のわからない名前より、長くても伝わる名前がいいんです。


代表格は「じっくりコトコト煮込んだスープ」(ポッカ)ですね。
(ネーミングは短くカッコよくの嘘 http://ameblo.jp/p-matsuura/entry-11059312550.html )
長い名前ですが、きっちりと価値を伝えてロングセラーになってます。

本日、紹介したいのはこちら!

 
グリコ 
「防災備蓄常備用 カレー職人 
温めずにおいしく食べられるカレー 中辛」です!
2012年2月14日発売

「この商品の特長はなんでしょう?」
と問われたら貴方はどう考えます?

私はこう考えました!

 

①賞味期限が3年!
②温めずに食べられるので便利!
③故に、防犯備蓄用として重宝される!

なんで、こう思ったかって??
だって、パッケージにズバリそう書いてありますからね!

 

そうです。
パッケージで商品の特徴をしっかり伝えることで、お客さんに「どうして買って欲しいか」が正確に伝わりますね!

 

2011年8月に『常備用カレー職人 < 中辛 > 』 発売したところ、
お客様から 「 防災の準備を始めたい。どこで売っていますか 」 と言う声が多く寄せられたために、
賞味期限を2年から、3年にパワーアップしてリニューアル発売になりました。

ターゲットが明確になると、このようにパッケージで分かりやすく伝えることが必要ですね。

ここまで来て、松浦 陽司のブログ・フェイスブックのファンなら思い出したかも知れません。
「・・・ん?似たような記事を見たことがあるような??」


そうです!
「ハウス 温めずにおいしいカレー」です。
こちらも震災後の2011年8月から発売で大ヒット!
(開発秘話はこちら http://ameblo.jp/p-matsuura/entry-11260750212.html )

奇しくも同時期発売で、
ちょっとだけコンセプトやネーミングが似た商品があります。
食品業界ではよくあることです。

「食べるラー油」が何処の会社からも出たようなものです(笑)

でも私は思います。
お客さんが喜んで、メーカーが切磋琢磨し合って成長するならそれもよし!・・・と(笑)

本日のネタは、ワイヤーママの創業社長であり。
あわわの副社長でもある原田剛さんから教えて頂きました!

パッケージ松浦 のブログ
(以前にパッケージ松浦に原田社長が御来社いただいた時の記事はこちら http://ameblo.jp/p-matsuura/entry-10622961731.html )
原田社長!有り難うございます。

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

sixteen + fifteen =

ページの上部へ