顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【地元大好きっ子が産むパッケージ ハッピートラジローカレー(ユニオン)】
2012年10月15日

【地元大好きっ子が産むパッケージ ハッピートラジローカレー(ユニオン)】

【地元大好きっ子が産むパッケージ ハッピートラジローカレー(ユニオン)】

おはようございます。
パッケージマーケッターの松浦 陽司です。
引き続き、安芸市で行ったセミナーの関連話が続きます。

土佐の人柄なんでしょうか?
セミナーではいろいろなお土産を貰いました。
こんな経験は初めてなので嬉しかったです。

その中の一つ。
ユニオンの小松加奈さんが、セミナー開始前に持ってきてくれました!
「これ、よかったらどうぞ」

ハッピートラジローカレーです!
かわいいパッケージですね!

高知には土佐ジローという有名な地鳥がいます。
そして、安芸市には限られた生産者がつくるハッピートマトという手に入りにくいトマトがあります。
その2つをふんだんにふんだんに使ったカレーです!

そして、安芸氏はタイガースの2軍がキャンプに来ることで有名!
「土佐」と「虎」とを掛けたダジャレネーミングも(笑)を誘います!

ダジャレが有効なことを占める「ゆりかもめの玉子」の話
http://ameblo.jp/p-matsuura/entry-11377485899.html

トラジローが
「ハッピーカレーとか、トラジローカレーとかって、呼んでね!」
といっているのが可愛いですね(笑)

お客さんとの関係性を創るのに役立ってます!

こうやって、キャラクターを使うことは大切な意味があります。
店頭での視認性(アイキャッチ)を高めるんです。

若い女性はパッケージの○○○に強く反応する傾向がある
人やキャラクターの顔は視認性を高める話はことら
http://ameblo.jp/p-matsuura/entry-11371602649.html

もし、私が製作に関わっていたとしたら。
こんな提案をしたかも知れません。

●QRコード
せっかくネット販売に力を入れているようなので、
販売後もパッケージにセールスマンになってもらいたいものです。


詳しくはQRコードでメルマガ登録が17倍になった記事
http://ameblo.jp/p-matsuura/entry-11232751127.html

●伝わらないと、存在しないのと同じ
実はこの商品、タイガース愛に溢れております。
「売上の1%を、安芸タイガース球場設備改善のために寄付します」
ホームページに書いてます。

この価値、とても素晴らしい。
単なる「味」から、「阪神応援」という価値へ昇華させる可能性がある!

でも、パッケージからは分からないので、できれば書きこみたいところです。


キットカット ずんだ風味も「東北支援」をきっちりと訴える!
詳しくはこちら
http://ameblo.jp/p-matsuura/entry-10939172397.html

如何でしょう?
ユニオンの小松加奈さん?

トラジローカレーが気になるぞ!
そんな貴方はこちらをクリック!
http://www.union-g.com/products/detail.php?product_id=60

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

five + 6 =

ページの上部へ