顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【伍魚福 えび鉄のパッケージ裏面には「私がなんでこの商品が好きなのか?」が明示されています】
2013年06月7日

【伍魚福 えび鉄のパッケージ裏面には「私がなんでこの商品が好きなのか?」が明示されています】

【伍魚福 えび鉄のパッケージ裏面には「私がなんでこの商品が好きなのか?」が明示されています】

おはようございます。
世界初、徳島発、パッケージマーケッターの松浦陽司です。

今回は伍魚福さんの「えび鉄」パッケージの話です。

前回の「ブラックペッパー」の話の第2話といえます。
(前回の話はこちら http://ameblo.jp/p-matsuura/entry-11545940258.html 

顔出し、名前出しをすることで、お客さんの信頼が高まります。
しかし、それ以前に大切なことがあります。
「私がこの商品、好きなんです!」という気持ちです!

そうなんです。
「好き・楽しいを発信する」と、お客さんの心への響き方が違うのです。
(好き・楽しいの記事 http://ameblo.jp/p-matsuura/entry-11325804647.html )

「えび鉄」パッケージの裏面にも社員さんが出ています。

ピリ辛の味付けで、、、ビールがもっと美味しくなる!
伍魚福 お客様サービス係 佐々木繁

前回の「ブラックペッパー」の「関行雄」さんとは違う方が登場。
「佐々木繁」さんも商品が大好きなんですね~。

ワンポイントアドバイスもついてます。
「尻尾までパリッと焼いておりますので、そのまま丸ごとどうぞ!個おばしい香りがするまでトースターで温めても!」

こうやって、社員さんがパッケージに会社を代表して、
「商品が好きなんだ~」と伝えられること。
このことが本当に大切だと思います。

私は前回「顔出し、名前出しで信頼性が高まる」というテクニック的なことを書きました。
でも、それ以上に大切なことが「好き・楽しい」です。

自社の商品のことを
「自信を持って好きといえる」
「会社を代表して社員さんがパッケージに出れる」
「そのことをちゃんとパッケージで伝える」

これは伍魚福さん(http://www.gogyofuku.co.jp/)の社風の成せる業なのではないかと思います。
社員さんがパッケージに出れる!ってすごい!

☆☆☆

過去の伍魚福さんネタもご覧ください。


【珍味を売らない珍味屋! 伍魚福(ごぎょふく)の一夜干焼いか小袋のパッケージマーケティング】

【伍魚福さんのお持ち帰り紙袋は内側面でも底面でも会社PRでパッケージマーケティング】

http://ameblo.jp/p-matsuura/entry-11521668013.html


【伍魚福のブラックペッパーのパッケージマーケティングに学ぶシーンの創造と信頼性アップ】

http://ameblo.jp/p-matsuura/entry-11545940258.html

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

one × five =

ページの上部へ