顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【唯一無比、天下無比、虫さされにムヒ、池田模範堂のムヒの「ムヒL」のLはなんのL?】
2013年06月17日

【唯一無比、天下無比、虫さされにムヒ、池田模範堂のムヒの「ムヒL」のLはなんのL?】

【唯一無比、天下無比、虫さされにムヒ、池田模範堂のムヒの「ムヒL」のLはなんのL?】

おはようございます。
世界初、徳島発、パッケージマーケッターの松浦陽司です。

池田模範堂の「ムヒ」の語源はご存知でしょうか?
唯一無比、
天下無比、
比べるものがないくらい優れた聞き目ということが語源なんです。

それでは、「ムヒL」をご存知でしょうか?
あ、念のために先に言っておくと、ムヒの大きなサイズではありません。

1971年に発売されたんですが、あんまり浸透されなかったようです。
そこで、ネーミングとパッケージが変わりました。

それは「液体ムヒ」!

ムヒ=クリーム
この印象が強かったムヒなので「ムヒL」では苦戦したようですが、
お客さんにしっかりと、はっきりと、分かりやすく伝わる
「液体ムヒ」で大ヒットにつながったとのことです!

伝わらなければないのと同じ。
カッコいいより、伝わるネーミングやパッケージが大事です。

お客さんに商品の良さをしっかりと伝えていきましょう!

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

five + 15 =

ページの上部へ