顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【お米の菓子工房 コメル 「お米のばうむ」のパッケージは素材の良さを感じさせる】
2013年06月24日

【お米の菓子工房 コメル 「お米のばうむ」のパッケージは素材の良さを感じさせる】

【お米の菓子工房 コメル 「お米のばうむ」のパッケージは素材の良さを感じさせる】

おはようございます。
世界初、徳島発、パッケージマーケッターの松浦陽司です。

私がセミナーでよくいう言葉があります。
「パッケージは安ければいい!
例えば段ボールなら、印刷なしで、茶色なら一番安い!
・・・でも、そうじゃないですよね。
お客さんの記憶に残る方がずっと上ですよ。」

そうなんです。
パッケージはとっても重要なブランド要素!
人々の記憶に残るんですね!

お米の菓子工房 コメル 「お米のばうむ」のパッケージ

ちょっとよく見てくださいね、このパッケージ!
お米の部分を!
これって、印刷じゃないんです。
本当の稲穂が付いているんです!

びっくりするでしょう!
下の方をシールで貼りつけてあります。
なんて、手間暇かけているのでしょう!

「お米がついているパッケージ」として人々の記憶に残ること間違いなし!

「え、お父さん、来週は東京なの?
グランスタに行って、前のお米のバームクーヘン買ってきて」
そんな風に頼まれることもあるでしょうね。

パッケージは安ければいい!
・・・って訳じゃない。
記憶の残ることのほうが、ブランドン化の方が、大事な時もありますよね。

パッケージマーケッターには、強力な支援者がいます。
それが、高橋魁春園の高橋誠さん!
いつも、私に東京や全国のパッケージネタを教えていただきます!
有り難うございます!!

「お、面白いパッケージだ!」
「これは特徴あるパッケージだ!」
そんなネタがあったら、松浦 陽司まで教えてくださいね。


高橋さん、いつも有り難うございます。


☆☆☆


高橋さんから教えて頂いた過去ネタ

①スーパードライネタ
http://ameblo.jp/p-matsuura/entry-11241922527.html




②エスコヤマのバームクーヘンネタ
http://ameblo.jp/p-matsuura/entry-11289651264.html



③佐川急便スカイツリー段ボールネタ
http://ameblo.jp/p-matsuura/entry-11304982397.html



④ボンボンキャラメルネタ
http://ameblo.jp/p-matsuura/entry-11346940582.html


⑤非売品の酒
http://ameblo.jp/p-matsuura/entry-11398450447.html

⑥バームクーヘン 雲太
http://ameblo.jp/p-matsuura/entry-11401629790.html

⑦とらや 新年限定パッケージ へび年
http://ameblo.jp/p-matsuura/entry-11428042605.html

⑧恋をしましょう BEAMS
http://ameblo.jp/p-matsuura/entry-11480925203.html

東ハト「こつぶキャラメルコーン」2012年11月新発売のパッケージは市場を広げます
http://ameblo.jp/p-matsuura/entry-11490685351.html

 

クラブハリエ「バースデーバーム」
http://ameblo.jp/p-matsuura/entry-11502348778.html


【アイコニックカラー(象徴的な色)×アイコニックスタイル(象徴的な形)=銀座メロン(銀座あけぼの)】


http://ameblo.jp/p-matsuura/entry-11524246055.html


銀座メロン(銀座あけぼの)のパッケージ!



【たねや こどもの日は思い出に残るパッケージ こどもの日バームパッケージにぬりえ】


http://ameblo.jp/p-matsuura/entry-11554853668.html

2013年 こどもの日企画
たねや こどもの日バーム パッケージ



【新千歳空港限定 札幌農学校 BOOK型パッケージ 学校とクッキーがコラボレーション?】

http://ameblo.jp/p-matsuura/entry-11555581449.html


この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

fourteen − ten =

ページの上部へ