顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【パッケージを変え新たしい場所を生みだしたロート製薬の「ままハグ 日焼け止め」パッケージ】
2013年07月8日

【パッケージを変え新たしい場所を生みだしたロート製薬の「ままハグ 日焼け止め」パッケージ】

【パッケージを変え新たしい場所を生みだしたロート製薬の「ままハグ 日焼け止め」パッケージ】

おはようございます。
世界初、徳島発、パッケージマーケッター®の松浦陽司です。

ロート製薬さんの「ままハグ 日焼け止め」は
パッケージを変えることで、新しい売上をつくりました!
そのパッケージマーケティング®を探ります。

「日焼け止めのパッケージ」といえば、みなさん、どんなのを想像します。
殆どの方は「チューブ状」か「ボトル状」を想像するかと思います。

それが一般的ですからね。
大人が持ち歩くのにもとっても便利です。

でも、子供は日焼け止めなんて持ち歩きませんよね。
ついつい慌てて遊びに飛び出し、
「あ、日焼け止め忘れた!でも大人用のしかないし」
ということで、子供はすっかりと紫外線にやられてしまいます(泣)

そこでロート製薬「ままハグ 日焼け止め」は考えました。
「子供に相応しい日焼け止めを塗るシーンってどこだろう?」

考えは仮説は「玄関口」でした。
子供が遊びに飛び出る前に、
「ちょっと、日焼け止め塗らないとダメよ」とお母さんが注意できます。
「玄関口に置いてもらえる工夫はできないか?」

そして、玄関口でさっと塗れるようにパッケージに工夫が!
それは日焼け止めでは珍しいポンプ容器パッケージの採用です。

チューブ状、ボトル状だと玄関口に置いておけても、
蓋を外して塗らないといけないので面倒です。
子供はそんなの待てません。

ポンプ容器パッケージだと、さっとプッシュすればもう塗れるのです。
これで子供の肌も護れます。

パッケージを変えることで、大人用が子供用に!
カバンの中から、玄関口に!
用途や場所が変わっていくんですね!

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

15 − 13 =

ページの上部へ