顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【気になるプリン「あの日のプリン」って、一体何の日のプリンなんだ?パッケージマーケティング】
2013年07月12日

【気になるプリン「あの日のプリン」って、一体何の日のプリンなんだ?パッケージマーケティング】

気になるプリン「あの日のプリン」って、一体何の日のプリンなんだ?パッケージマーケティング】

こんにちは。
世界初、徳島発、パッケージマーケッターの松浦陽司です。

「あの日のプリン」なんて言われたら気になりますね(笑)
何の日のプリンなんでしょう?

雪印メグミルクが「パッケージが命」と謳うこの商品!
パッケージ側面には「あの日のストーリー」が描かれています。
「あの日の気持ちになって買ってね」という目的です。

そして、その気持ちが選べる!
8種類のパッケージがあるんですね。
思わず8種類、集めたくなります!

ちなみに、このキャラクターは「キメゾー」!
R25で連載中の「キメゾー」の主人公です。
キャラ、立ってますね!

このパッケージが売っているのは味ではありません。
お客さんに「あの日」のノスタルジーや
思い出に浸ってもらうためのパッケージですね。
(単なる話題性かもしれません(笑)?)

本日のパッケージマーケティングネタは
加藤賢幸さんに教えていただきました!
有り難うございます!


ちなみに、過去にキメゾーにもこんなプリンが(笑)
http://ameblo.jp/p-matsuura/entry-11485902498.html

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

four × 3 =

ページの上部へ