顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【残念ながらボツネタでした 「パッケージ×におい」 グリコの響香】
2013年07月25日

【残念ながらボツネタでした 「パッケージ×におい」 グリコの響香】

【残念ながらボツネタでした 「パッケージ×におい」 グリコの響香】


おはようございます。
世界初、徳島発のパッケージマーケッターの松浦陽司です。


本には掲載されていないボツネタです。

☆☆☆

ブランド要素の中に「におい」というのがあります。


Abercrombie & Fitch(アバクロンビーフィッチ)というアパレルブランドをご存知でしょうか?
こちらの商品には香水がかけられています。
もちろん、店内もその香水の香り(におい)づけがされています。


なぜ、こんなことをするのでしょうか?
それは「あ、この香り、アバクロだ~」という再認してもらうためです。


この「におい=アバクロ」という体験を繰り返すことで、
アバクロが「ブランド化」されていく訳です。


でもねぇ。
「におい」をパッケージで表現するって、さすがに無理でしょう。


・・・と思ったら、実はパッケージでも表現できるんですね。

 

グリコ 響香(ひびか)


まずはこれが素晴らしい!
右上を注目してください。

POPシールが貼ってあります。
お客さんのアイキャッチが高まります!



 
「このシールをこすって 香りの体験!
チョコレートの香りがします」


このように書いてます!


そうなんです。
においのするパッケージ(シール)なんです。


もちろん、このパッケージはまだまだ一般的ではありません。
においの調整も非常に難しい。
ロットの問題もある。
実際に世の中に出ているのを、あまり見かけません。


でも、「におい」も表現できるというところに、
パッケージとブランドの関係性を感じます。

☆☆☆

このネタ、実はグリコさんからNGがでました。
でも、理由は文章内容ではなく、「販売が終了しちゃってね。ごめんね」ということでした。
おしい!

このネタは新しく生まれ変わって、事例も全く変わって、本に登場します!
お楽しみに!

「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」
amazonにて予約受付中!
http://p.tl/8NCy


遂に本日!
2013年7月25日(木) 正式発売!


小山助学館 本店
小山助学館 福島店
小山助学館 鳴門店
紀伊国屋書店 徳島店
紀伊国屋書店 ゆめタウン徳島店
宮脇書店 徳島駅ビル店
宮脇書店 徳島本店
宮脇書店 マルナカ脇町店
附屋書店 松茂店
附屋書店 国府店
TUTAYA 田宮店
TUTAYA 北島店
ブックスジュピター
平惣 田宮店
平惣 徳島店
平惣 小松島バイパス店
平惣 川内店
平惣 石井店
平惣 羽ノ浦国道店
平惣 阿南センター店


もし店頭で見つけられない場合は、店員さんに問い合わせて頂けると幸いです。


この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

nineteen − eleven =

ページの上部へ