顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【「羽田空港ひとくちおこわ」(寿徳庵)が発売3年目で200万個発売!】
2013年07月30日

【「羽田空港ひとくちおこわ」(寿徳庵)が発売3年目で200万個発売!】

【「羽田空港ひとくちおこわ」(寿徳庵)が発売3年目で200万個発売!】

おはようございます。
世界初、徳島発、パッケージマーケッターの松浦陽司です。

間違いなく、羽田空港で一番売れている空弁!
「羽田空港ひとくちおこわ」

発売3年で200万個を突破したそうです。
すごいですね!

この商品のパッケージが現在、
200万個販売祈念パッケージになってます!

このことを知ったのは私のマーケティングの師匠!
エクスマの藤村正宏さんのブログでした。
(藤村正宏さんのブログ http://ameblo.jp/ex-ma11091520sukotto/ )

☆☆☆

引用開始

◆コンサルタント藤村正宏のエクスマブログ◆-羽田空港で一番売れている空弁

パッケージデザインを考える時から、マーケティング的な思考でデザインしているんです。

直感的にわかりやすいネーミング。
羽田空港でしか買えないということ。
おこわだということ。
持ち運びしやすそう。
ひとりで食べていても、恥ずかしくない。
読み物がついている。
QRコードでwebサイトに誘導している。
などなど、パッケージに工夫をしてあります。

売れるパッケージには理由があって、それをしっかりと設計できるかが、大事なんです。
ただきれいなデザインのパッケージデザインだったら、誰でもできます。
でもただデザインがいいパッケージの時代は終わったのです。
そんなことも気づかないでどうするの?
商品のパッケージは売れるパッケージと売れないパッケージがあるのです。

(中略)

寿徳庵の「羽田空港ひとくちおこわ」。
美味しいのは当たりまえです。
だってすごくこだわっているから。
牛肉なんて、松坂牛を使っているのです。
でも、それを売りにしていない。
だって、そんなのどこの会社でもやっているから。

ただきれいなパッケージデザインをしていたら売れた時代は終わった。
ただこだわった食材を使えば売れた時代は終わった。
そのことを認識して、時代の風を読む能力を持ちましょう。
そのためには、勉強することが大事です。

引用終わり

☆☆☆


私が補足することはありません!
パッケージの本質を鋭く捉えています。

さらに、実は文章は続いているのです。

☆☆☆

引用開始

ボクの塾生さんで、パッケージマーケッターの松浦陽司さんが本を出版しました。
売れるパッケージデザインの本です。
さまざまな製品のパッケージを、たくさん研究しています。

◆コンサルタント藤村正宏のエクスマブログ◆-パッケージデザイン

amazonでのご購入はこちら!

     http://p.tl/8NCy

この本には「売れるパッケージデザイン」のヒントが満載です。
売れるパッケージデザインにするための5つの考え方と、さまざまなパッケージの秘密が70事例、わかりやすく載っています。
パッケージのマーケティングを勉強したかったら、まずこの本を読むといいと思う。

☆☆☆

うわー!
こんな風にご紹介まで頂きました!
膝が震えるくらい興奮しました(笑)
藤村正宏さん!有り難うございます!

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

five + fifteen =

ページの上部へ