顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【圧倒的なストーリーで認知される「四代目と喧嘩しても作りたかった五代目の米粉カステラ」】
2013年12月6日

【圧倒的なストーリーで認知される「四代目と喧嘩しても作りたかった五代目の米粉カステラ」】

【圧倒的なストーリーで認知される「四代目と喧嘩しても作りたかった五代目の米粉カステラ」】


おはようございます。
世界初、徳島発、パッケージマーケッターの松浦陽司です。


突然ですが、2拓です。
どっちのカステラを買いたいですか?

A・・・福井県産のお米と卵にこだわったこめ粉カステラ
B・・・四代目と喧嘩しても作りたかった五代目の米粉カステラ

圧倒的に「B」でしょうね!

価値というものは2つに分かれます。

●機能的価値…カステラで言えば“美味しい”“安全”“素材がいい”など。
●情緒的価値…カステラで言えば“楽しそう”“話題になりそう”“人が喜んでくれそう”など。

そうなんです。
一般的なお菓子屋さんが「一番の売り」と思っている「味」などはもはや機能的価値、つまり当たり前のことになっています。
だから、もっと情緒的価値に訴えて行かないといけないんですね。

「四代目と喧嘩しても作りたかった米粉カステラ」
・・・え?どうしたん?
何があったの?
・・・気になる!!
そんな商品のストーリーを伝えていますね!

実際に買ってみました!
中に入っていた“しおり”を見てまた笑いました!

☆☆☆

「四代目と喧嘩しても作りたかった米粉かすてら」は刺激的なネーミングですが、そこには昔からの家業を継ぐ際の苦悩と、それを跳ねのける前向きな姿勢、そしてふるさと福井へのおもいが込められております。ご興味がある方は当店のウェブサイトをご覧くださいませ。
竹内菓子舗五代目 竹内信仁

☆☆☆

ストーリーを語っていますね!
さあ!
気になった貴方はウェブサイトをどうぞ!
http://www.takeuchikashiho.com/


ちなみに、まだ四代目が社長を務めているようです(笑)
がんばれ!五代目!(爆)

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

three × four =

ページの上部へ