顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【つまり、米? 「ツマリ・コメ」  まさかの米のアイコニックスタイルパッケージマーケティング】
2014年02月13日

【つまり、米? 「ツマリ・コメ」  まさかの米のアイコニックスタイルパッケージマーケティング】

【つまり、米? 「ツマリ・コメ」 まさかの米のアイコニックスタイル(象徴的な形)パッケージマーケティング】

おはようございます。
世界初、徳島発、パッケージマーケッターの松浦陽司です。

このパッケージって、つまり、米なんです。
商品名は「ツマリ・コメ」(笑)

うおー。
究極のアイコニック・スタイル(象徴的な形)のパッケージです!
なんて、分かりやすい!

下記が紹介分です。

☆☆☆

越後妻有では雪融けを待って田植えをするため、他の地域と比べて新米のお届けが少し遅くなります。
遅い田植えは、お米の収量(10aあたりの収穫量)は少なくなりますが、粒張りのよい美味しいお米ができる理由でもあります。


お米の粒の形をした白い容器に、松代滝沢集落で収穫された絶品のコシヒカリをぎっしり詰め込みました。
プランを考えたアーティストの粟飯原典央さんは、実際に田植えや稲刈り、集落のお祭りなどにも参加し、集落の皆さんと交流を深めながら制作をしました。生産者と家庭の食卓をもっと近づけようと2009年の「大地の芸術祭」期間中には、集落内のかつての小学校であり、現在は農作業施設になっている場所で展示もされました。
中のコシヒカリは、棚田で収穫された天水米です。香りと透明感が高く、ふっくらとした味わいをお楽しみください。

☆☆☆

もう、見てるだけで楽しくなる、見た目で中身がよく分かるパッケージマーケティングでした!

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

five − three =

ページの上部へ