顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【「質問です!商品名って、短い方がいいんじゃないですか?覚えて貰いやすいし!」というご質問】
2014年06月13日

【「質問です!商品名って、短い方がいいんじゃないですか?覚えて貰いやすいし!」というご質問】

【「質問です!商品名って、短い方がいいんじゃないですか?覚えて貰いやすいし!」というご質問】

おはようございます。
世界初、徳島発、パッケージマーケッターの松浦陽司です。

この間、質問を受けました。
「質問です!商品名って、短い方がいいんじゃないですか?覚えて貰いやすいし!」

私がお答えしたのがこんなこと。
「ネーミングで伝わるようにすることが大切です」

つまり、長くてもいいんです。
今、さまざまな商品が溢れています。
それはもう、過剰なくらいの商品が。。。

消費者は例えば「カレー」といわれても選ぶことができません。
消費者の86.5%は店頭で意思決定をするといわれています。
やっぱり、パッケージでお客さんに伝えないといけません。

例えばこれ!
「じっくりと直火釜で焙煎し、素材の香ばしさを引き出しました。カカオローストオニオンの深みをブレンドした味わいは、まさに香りの逸品です。直火釜焙煎カレーフレーク深みロースト」(ヱスビー食品)

・・・ね!
めっちゃ伝わるでしょう(笑)!


「じっくりと直火釜で焙煎し、素材の香ばしさを引き出しました。あら挽きアーモンドオニオン黒胡椒ガーリックをブレンドした味わいは、まさに香りの逸品です。」
というシリーズ品もあります!

これによって、お客さんに
「この商品がどんなこわだりがあるの?」
「どんな素材を、どんな製法で?」
ということが伝わるわけですね。

単なる「カレー」でなく、圧倒的に他のカレーを圧倒するわけです。

消費者は店頭でパッケージに目を奪われる時間は0.2秒とも言われています。
その0.2秒で、短くて伝わらないより、長くて伝わる。
そんなパッケージマーケティングが大切かと思います。


あ、ちなみに
「じっくりと直火釜で・・・まさに香りの逸品です。」
はキャッチコピー。

「直火釜焙煎カレーフレーク深みロースト」
がネーミングです。

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

4 × five =

ページの上部へ